2013年09月25日

グスティ家の三姉妹(19)

バリ芸能に興味ある人々に、グスティ(Gusti)家は芸術一家として知られている。

グスティ家の三姉妹、長女のアルタティック=Artatik(1980年1月14日生)、次女のユリアティ=Yuriati(1984年2月15日生)、三女のビダニ=Bidani(1986年4月26日生)は、プリアタン村を代表する踊り手である。

お気づきだと思いますが、我が大家さんのグスティ家とは違うようです。

そうです、お察し通り、プリアタン・トゥブサヨ村のグスティ家のことです。


「ご結婚、おめでとうございます」

三女のビダニが、9月9日に結婚儀礼をすませた。

彼女のファンも多いと思うので、ここで報告することにした。

これでグスティ家の三姉妹は、すべて嫁に出たことになる。

末っ子で長男の情報は少ないので、ここでは省略させてもらう。

Yuriati1.jpg

1990年代初頭、プリアタン村のイブイブ(婦人連)ガムラン・グループで踊られた「タリ・クリンチ=ウサギのダンス」

元気に飛び跳ねる幼年の踊り娘たちの姿は、微笑ましかった。

幼稚園の学芸会のような舞踊に、イブイブたちの優しい眼が注がれる。

そこで、ひときわ人目を引く少女がいた。

バリ舞踊に詳しくない素人から見ても、ブレのない動きとキレのある動きに無駄が少なかった。

それいぜんに、明らかにほかの踊り娘たちと違う空気をまとっていた。

これをオーラと呼ぶのだろうか。

見えないエネルギーを私は感じていた。

この踊り娘に注目していた、日本人観光客は多かったと思う。

「彼女は、きっと素晴らしい踊り娘になるよ」と、予言する友人もいた。

彼女の動向を追っかけるファンが現れるようになった。

そして友人の予言通り、チョンドンの踊り子として開花した。

オイリーの後を継いで、グヌン・サリ(Gunung Sari)歌舞団とティルタ・サリ(Tirta Sari)歌舞団で、レゴン(チョンドン)を踊る彼女は、天才少女として頭角を現していく。

日本人の「追っかけ現象」に拍車がかかる。

ポートレート写真を大きな額に入れてプレゼントした、私の友人カメラマンが2人いる。

どちらも私が立ち会った。

今でも、飾ってあるのだろうか。

ユリアティがチョンドンの踊り子として人気が沸騰する時期、実家の敷地に宿泊施設が完成。

名前も「ユリアティ・ハウス」。

ユリアティ・ファンには、たまらない施設だ。

彼女は、何度も招請されて日本公演している。

NHK教育テレビ「アジア語楽紀行」(2005年4月)では、インドネシア語の先生として出演。

インドネシア語教本「アジア語楽紀行」が出版されている。


Yuriati2.jpg

「極楽通信UBUD・Vol.25」に紹介された「ユリアティ・ハウス」
興味のある方は「Club Bali・極楽通信UBUD」をご覧ください。


ビダニもユリアティと同じ軌跡をたどった。

タリ・クリンチで人目を引き、レゴンの踊り子となる。

これは私の趣味だが、ビダニは、ユリアティより一段と美形だと思う。

ビダニの追っかけも現れた。

ユリアティとビダニの人気は凄まじかった。

「今夜、ユリアティは出演しますか?」「今夜、ビダニは、どの公演に出演しますか?」

こんな問い合わせが《アパ?情報センター》にある。

グヌン・サリとティルタ・サリの定期公演に、彼女たち見たさの日本人観光客が押し寄せた。

人気芸能人の2人にも会える「ユリアティ・ハウス」に、日本人宿泊客は絶えない。

こうして、日本人リピーターの根城となっていく。

一般的にバリ人は、観光客を心から歓迎し家族のように接してくれる。

彼らの優しい待遇に、自分は特別なんだ「私は家族の一員なんだ」と錯覚してしまう日本人は多い。

「うちの娘が、今夜、チョンドン踊りますよ」なんて、勘違いオヤジがウザイ発言をする。

ビダニとユリアティが、お前をお父さんだとは思っていないゾ! 眼を覚ませ!オヤジ。

テラスから望遠カメラを構えて彼女たちの日常の姿を追う、宿泊客のキモイおじさんは多々。

家族の気持ちは知る由もないが、有名人の宿命にしても迷惑な話だ。

結婚した彼女たちは、こんな露骨な好奇の眼から逃れられる。

過去形になってしまうが「一世を風靡した」と言う言葉を、彼女たちに捧げたい。

今後、彼女たちのように大輪を咲かせる踊り子が現れるだろうか。

バリ島の芸能が廃れないためにも、現れて欲しいと願っている。

Yuriati3.jpg

「居酒屋・影武者」を訪れたユリアティとビダニ


長女・アルタティック(Artatik)は、パダンテガル村の「ラハユ・バンガロー(Rahayu Bungalow)」の長男に嫁いでいる。

彼女のオレッグ・タムリリンガンは、いい。

三姉妹の中では一番踊りは巧いだろうと、批評家風に知ったかぶってみよう。

彼女の舞踊指導能力は優れていて、日本人の舞踊愛好家がたくさん教えを受けている。

アパ?推薦の先生です。

三姉妹には、テガランタンの住民・西村家の新築祝いのパーティーで、グヌン・サリ歌舞団の演奏で踊ってもらったこともある。(アパ?でお願いできます)

ビダニの結婚を機会に、過去を振り返ってみました。

最後に、グスティ家の健康と幸福を祈願して。

「オ〜ム・シャンティ・シャンティ・シャンティ・オ〜ム」

posted by ito-san at 17:09| Comment(4) | TrackBack(0) | ウブド村徒然記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする