2015年03月11日

バリニーズ・マッサージは《チャンティック・スパ》で(12)

トランジット帰国の豊田市滞在が、5週間を過ぎた。

ウブド滞在と比べて物足りないのは、マッサージが受けられないことだ。

豊田市にもスパはある。

ところが、私には金額が高すぎる。

ウブド滞在中は、格安スパを月2〜3回利用していた。

それほど格安だった。

私が利用するスパは、500円から800円の店。

あ〜、ウブドに行ってマッサージがしたい!


ここで「itosanのお薦めスパ@ウブド」を紹介しよう。

2011年にオープンした《チャンティック・スパ=Cantik Spa》 。

仲の良い友人が関係しているので、応援しているお店です。

Cantik Spa1.jpg

チャンティックは、 “可愛い” という意味のインドネシア語。

女性客に人気のスパです。

場所は、スグリオ通り。

ウブドの繁華街(王宮周辺 & モンキーフォレスト通り & ハヌマン通り)から少し離れているが、逆に、ウブドらしい町並みが残っている地域。

ローカル食堂も多くて、歩いて楽しい通りだ。

そんな通りに「チャンティック・スパ」がある。

ピンク色の幟(ウンブルウンブル)が目印。

外観もレディースっぽく、男性の私は尻込みしてしまう。

友人の紹介ということで、勇気を出して入ってみた。

店内もピンクと白でコーディネートされて女性的。

マッサージ室は、清潔でこぢんまりしている。

バリニーズ・マッサージをお願いした。

まず、ぬるま湯で足を丁寧に洗ってくれた。

ベッドに横になってしまえば、女子力空間も気にならない。

流れるような優しいマッサージは、心地よかった。

1時間、かなりレベルの高いマッサージに癒される。

この技術なら、フェーシャルも任せられるかもしれないと挑戦した。

こちらも、充分満足できるマッサージだった。

接客も落ち着いていて、嫌みのないものだった。

これで町スパ価格は、お薦めだろう。

Cantik Spa2.jpg

Cantik Spa3.jpg

Cantik Spa4.jpg

こんなリピーターの声を聞く。

「安いんだけど少し不潔な感じのスパが多い中で、チャンティック・スパの清潔で明るい雰囲気が好きです」

「スタッフのマッサージ技術も高く、接客教育もゆき届いて安心できます」

などなど。


★割引価格:Balinese Massage(60分)Rp80,000-/Foot Reflexology(60分)Rp80,000-/ Hair Cream Bath(60分)Rp80,000-/“CANTIK” Aloe Facial(60分)Rp110.000-/Body Scrub(90分)Rp140.000-/

★住所:スグリオ(sugriwa)通り15番

★営業時間:11.00am〜8.00pm/年中無休

★TEL:0361-808-1414/

★E-mail:info@cantikspa.com/

★Web:http://cantikspa.com/


コロンビア・サレントに、安くて巧いスパはあるかな?

期待しよう。

それとも、自分でオープンしちゃおうかな。

posted by ito-san at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋トランジット帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

久々に見た夢が・・・悪夢(11)

頭に重圧を感じた。

それが今朝見た、夢の始まりだった。

いきなり頭を押さえられたところから始まる夢だ。

グローブのような大きな掌は、私の頭を左右に少し揺すった。

そのあと掌は、コックを開閉する時のように捻った。

徐々に力が加わり、最後はいっきに捻った。

2回転ほどしたところで、首が胴から離れた。

夢の中で、血は流れていない。

ここで、眼を覚まさなくてはもっと怖い場面を見ることになる。

焦っているうちに、夢は次の情景に移っていた。

生首と胴は、水の中にある。

激流の川を流れていた。

イナズマ光線のようなジグザグの川を降下していく。

私の意識は、生首の方にある。



ムムム、このあとの展開はどうなる?

このまま流されていても良いことはないだろう、と私は夢から覚めることにした。

さて、この夢物語は何だったのか?


極楽通信・UBUD「夢日記 in UBUD 」も読んでください。

posted by ito-san at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋トランジット帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

ウブド・エコ・プロジェクト(10)

豊田市を散策していて感心したことがある。

街にゴミが落ちていないことだ。

きっと日本中どこに行っても、このように清掃が行き届いているのだろうが。

バリ・ウブドから来ると、このギャップには驚かされる。

これは、ウブド人と日本人のモラルの違いだろう。


ウブドは今、世界有数の観光地として人気が高まっている。

私が滞在し始めた1990年のウブドは、バックパッカーの訪れる物質文明からほど遠い山あいの村だった。

道ばたにプラスチック袋の破片が落ちていることはあるが、ゴミらしいゴミは見かけなかった。

(何を指してゴミと言うか? という話はパス)

その頃、私がゴミと認識した物は、落下した椰子の実や椰子の葉で作られた供物ぐらい。

枯木や古材や朽ちた竹は台所の薪に使用され、生ゴミは家畜の餌になっていた。

果物を食べたあとのクズは、庭にポイ捨て。

ゴミ箱は、用意されていない。

これは、一日に数回する掃除の時に、用済みの供物と一緒に集められ裏庭や川に放棄される。

なんでも自然に戻るんだと思い込んでいるウブド人は、ところ構わずポイ捨てにする傾向がある。

土に戻る素材がほとんどだった時代のことだ。


その後数年して、ツーリストが捨てる飲料水のペットボトルが目立つようになった。

川にプカプカと浮かぶペットボトル。

気になった私は1904年4月、ウブドの自然を守るために「ウブドの環境を考える会」を作ってみた。

「ゴミをつくらない・ゴミは分別して出す」という、小さくて大切なことから始めることにした。

まずは、ペットボトルから。

アクア君Tシャツを作ったのは、この時。

デザインは、漫画家になる前の深谷陽さん。

aqua_kun.jpg
アクア君


ウブドに、土に帰らないプラスチック素材が増えてきた。

観光客も倍増し、地元の人々の生活も文明化され、毎日大量のゴミが出る。

これまでの習慣からポイ捨てをするウブド人。

プラスチックゴミは、川を詰まらせ洪水の原因となっている。

土に戻らないプラスチックゴミに、彼らは危機感を持たないのか。

ウブドのゴミ事情を考えると、将来が不安になった。

少しずつでもいいから、何かを始めなくては。

そんな気持ちから、2009年2月より始まったウブド在住の有志による「廃品(リサイクルできるゴミ)回収」に取り組んだ。

それが、ウブドのエコを考える「ウブド・エコ・プロジェクト=Ubud Eco Project 」だった。

bnr_eco.jpg

バリ・ウブドの環境を少しでもよくしていこう。

しかし、私の力不足で貫徹できていない。



ウブド人も危機感を持ち始めてきた。

環境問題は今、ウブド人主導で動き始めている。





そして豊田市。

道路にゴミ箱が設置されていない。

それでもゴミが見えない。

立ち喰い立ち飲みで発生したゴミはどうしているのだろ?

そういう振る舞いはしないのか。

したとしても、ゴミは持ち帰っているのか。

きっとそうなのだろう。


分別ゴミは徹底され、回収日も決まっているのは、全ての日本人が知っている。

ゴミ箱3.jpg
三州足助屋敷のゴミ箱


ゴミ箱1.jpg
マンション利用者専用のゴミ箱


ゴミ箱2.jpg
地域住民専用のゴミ袋


この地球が、美しく健やかな星に戻れますように。

それが皆の願いだ。

posted by ito-san at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋トランジット帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

王族の住居は “プリ=Puri” と呼ばれる(9)

豊田市の前身・挙母が城下町だったことは「孤独のグルメ一品@豊田市(6)」で書いた。

城下町だったのなら、お城があったはずと考えるのは常識だろう。

市役所で観光ガイドマップをもらい、開いた。

見ると、豊田市美術館に隣接して挙母城(別名:七州城)隅櫓跡があることを知った。


美術館で鑑賞したあと挙母城に寄ろうと、さっそく行ってみることにした。

ところが豊田市美術館は、バリアフリー化などの改修工事のため10月9日まで休館。

城内には入ることができなかったが、外観は見ることができた。

挙母城は別名、七州城と言う。

築城は、江戸時代・慶長9年(1604年)。

七州城(しちしゅうじょう)と呼ばれる理由は、「三河国」「尾張国」「美濃国」「信濃国」「遠江国」「伊勢国」「近江国」の7つの国が望める童子山の高台(樹木台とも言う)にあるからだそうだ。

廃藩置県後に取り壊され、現在見られるのは復興した隅櫓(すみやぐら)だけ。

周囲は、散策に適した庭が広がっていた。

七州城.jpg
挙母城(別名:七州城)隅櫓跡


もう一つ、旧市街に残っている「桜城址」。

挙母城は、もともとこの地に築城予定であったが、工事途中に矢作川の氾濫により建築不能となり、跡だけが残っている。

桜城址.jpg
桜城址


この機会に、お城についてWikipediaで、ちっと勉強してみることにした。

「城」は戦略上の重要な拠点であり、防衛の上でも要であった。

城は大きく分けて “山城” と “平城” がある。

“山城” は、要塞、要害としての城。

戦乱の世であった時代、戦略的、防衛的な観点から地形を利用して山に建てられた。

小牧城、岐阜城など。

“平城” は、天下統一の後、戦略的な意味合いが薄れ平地に作られる平城となり、防衛的な特色より立派な天守閣のある権力示威的な色合いが濃くなる。

戦略的な目的を失った城は、今度はそこに封ぜられた大名のその藩の民に対する権力誇示の意味合いを持つようになり、また城下町内を統治する上での拠点、政所としての役割を担うようになった。

名古屋城、犬山城、岡崎など。

挙母城も“平城” になる。


立派な城廓は、お城を模したレストランです。

かに本家.jpg
かに本家



ここで、少しバリ島を振り返ってみよう。

滞在始めた頃、疑問に思ったことがある。

それは、お城がないことだ。

バリ島の歴史にも戦国時代はあった。

群雄割拠の時代があれば、お城が残っているはず。

私は、ヨーロッパや日本とは異なった、バリ独特の城文化を期待していた。

バリ島の王族の住居・王宮は “プリ(Puri)” と呼ばれている。

市場に隣接した、交通の便のよい立地に建っている。

プリは、堅牢な城壁で囲まれていない。

先ほど勉強した “平城”に似ている。

諍いはあったか、激しい戦闘にはならなかったのだろう。

バリ人は、争うことを嫌う民族だと聞く。

こんなところにも、バリ人気質が現れているのではないだろうか。

(お城と王宮の違いを把握できていないので、説明を省きました)


ウブドにある「サレン王宮=プリ・サレン」の写真(2014年7月)をアップ。

puri1.jpg

モンキーフォレスト通りの突き当たりにある「サレン王宮」

puri2.jpg

ウブド変則十字路、右手が王宮


変化続ける「ウブド変則十字路」。

次回、訪れた時にはどう変っているか、楽しみだ。
posted by ito-san at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋トランジット帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

ラー・ミエン・ドット・コム開店@ウブド(8)

ウブドの友人から写真が届いた。

先月2月14日にオープンした、居酒屋・漁師の直営店「ラー・ミエン・ドット・コム=la-mien.com」の写真だ。

私が滞在していた1月は、工事中だった。

オープンには駆けつけるつもりでいたので、残念な気分でウブドをあとにした。

心残りだったので、「完成したら写真を送って」と頼んでおいた。

場所は、ツーリストに人気の店が連なるゴータマ通りの中程、「ワルン・ビアビア」の斜め前。

試食に誘われていたが、味音痴な私には大役だったので辞退した。

研究熱心な友人は、何度も何度も試食を繰り返していたようだ。

la-mien.com1.jpg

店名から察すればラーメン屋です。

ラーメンののれんが出ていなければ気がつかない、ラーメン屋らしからぬラーメン屋。

la-mien.com2.jpg

では、「ラー・ミエン・ドット・コム」を紹介しよう。

メニューには、ラーメン以外に、カレー、餃子など日本人の大好物が抜け目無く揃っている。

ラーメンのラインアップは。

味噌チャーシュー麺Rp55,000-、味噌ラーメンRp48,000-、醤油ラーメンRp48,000-、醤油チャーシュー麺Rp55,000-。


ラーメンとは別に、麺、スープ、トッピングをそれぞれの好みに合わせて選ぶオリジナルメニューがある。

四種類の麺(タマゴ麺Rp15,000-・クイテアウ麺 Rp22,000-、タムミウン麺 Rp26,000-、ソッウン麺 Rp20,000-)から選ぶ。

そして、スープも四種類( ヴェジタブル スープ 、チキン スープ、ポーク スープ、 チキン&ポークミックス スープ)から。

トッピングは、17種類。

鶏そぼろ、ザンギ、 餃子ゴレン、チャーシュー、チゲ・ポーク、角煮、マッシュルーム、.タマゴ、豚そぼろ、メンマ、豆腐チャーシュー、わかめ、ヴェジ麻婆豆腐、 ネギ ビーフ、 トムヤム シーフード、豆腐そぼろ、辛ネギ。

トッピングの値段は、Rp3,000〜Rp13,000-。

組み合わせによって、何十種類もの味を楽しめるユニークなメニューだ。

ほかにも、メニューは(照り焼き、マーボ茄子などなど)ありますよ。

la-mien.com3.jpg

la-mien.com4.jpg

la-mien.com5.jpg

la-mien.com6.jpg

la-mien.com7.jpg

■食事:カレーRp55,000-&Rp65,000-/餃子Rp23,000-&28,000-/

■飲物:紅茶Rp10,000-/コピバリRp15,000-/チューハイ各種Rp25,000-/ビンタンビール大Rp35,000-小5,000-/

■営業時間:11.00〜23.00/年中無休

■TEL:(0361)4792685


かつてウブドには「イダ・バグース・ラーメン」「ラーメン・ボーイ」が開店したが、今はない。

ウブド唯一となった、新感覚のラーメン屋「ラー・ミエン・ドット・コム」に期待したい。

私の注文は、炒飯(Rp30,000-)&餃子です。

posted by ito-san at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋トランジット帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする