2015年03月18日

バリ・ガムラン&舞踊ライブ@名古屋(15)

3月14日:

友人が主催するイベントが名古屋であった。

行ってきました。

イベント名は《 虹ノトビラヒラケ 》。

内容は、バリのガムランと舞踊。

京都(3/8)と名古屋で開催されたが、私は名古屋で鑑賞。

COTAN.jpg

ウブド滞在中は、オダラン(寺院祭礼)での芸能以外、はるばる出掛けることはなかった。

日本で、バリ関係のイベントは少ない。

バリ好きには、貴重な鑑賞のチャンスだ。

会場は、御器所にあるレストラン「COTAN」。

地下鉄の改札口を出て、一番出口の階段を2〜3段上ってすぐ右手にあった。

会場では、たくさんの懐かしい知人に会うことができた。

特に驚いたのが、昨年(2014/10/4)アパ?情報センターのムルカット・ツアーに参加した時に同行した3人組の女性に再会したことだ。

その時に書いたブログ「スバトゥ村のムルカット(70)」も読んでください。


日本で鑑賞するバリ・ガムランと舞踊は、これで二度目。

一度目は、昨年(2014年06月30日)25年ぶりに帰国した時に開催した「Ito-san歓送ガムランライブの夜(16)」で。

今回は、その時のメンバーと応援の舞踊家4名が出演した。

ガムランは、松井君をリーダーとするグループ「スアラ・スクマ」。

踊り手は、京都の大西由希子さん。

応援メンバーの一人に田中千晶さんがいる。

彼女が踊る「テレック」が見られるのが楽しみだ。

その他に、芝先けいさん(大阪)・佐味千珠子さん(兵庫)・村上祐子さん(東京)。

以下は、写真でお楽しみください。

COTAN1.jpg

COTAN2.jpg

COTAN3.jpg

演者も観客も、どちらも負けず劣らずのバリ大好き人間達と思われる。

彼らの思い入れが、会場の空気をバリに変えた。

大好きなバリとの関係をこうやって繋げていたんだ。

彼らの情熱に、私は感動してる。

posted by ito-san at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋トランジット帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする