2015年03月26日

田舎住まいの友人に会いに(19)

3月22日:

40年来の友人に会いに、愛知県渥美半島の先にある美浜町に向かう。

Maboが高校生で、私が25歳の頃に知り合っている。

私が23歳で始めた雑貨とリサイクルの店「人畜無害」に、よく顔を出していた。

以前は常滑に住んでいて、バリ島に渡る前に一度、息子と訪ねている。

それより以前には、豊田郊外の小原村で古民家に住み、木工の仕事をしていた。

この頃は頻繁に会っていて、一緒に仕事もしたこともある。

最後の仕事は、1989年のギャラリー喫茶「This is it」だった。



10年前ウブドで会ったのが、最後になっていた。

県道を走っていると、田んぼの向こうにMaboの家はあった。

詳しいことは知らないが、今は、パーカッショニストとして活躍しているようだ。

大工のできるミュージシャンは、訪ねた家も改装・増築していた。

Mabo1.jpg

増築されていたのは、録音スタジオと練習スタジオ。

器用なMaboは、中古バイクを修理して走れるようにしていた。

話が弾んで写真を撮るのを忘れている。

Mabo2.jpg

思い出が多くて、何から書いてよいのか困惑してしまう。

文章にまとめられない。

今回は取りあえず再会したことを、この場を借りて報告をしておくだけにしよう。

(写真提供:水野真人)

posted by ito-san at 13:17| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋トランジット帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする