2015年07月25日

トピック(4)〈コロンビアのマネキン人形は巨乳〉(61)

今朝起きたら、腰の痛みがなくなっていた。

10日間ほど続いた腰痛の原因は、いったい何だったのだろう。

一時は「急遽帰国か?」と悩んだ。

とにかく、治ってよかった。


町で見かけたこんな物、ちょっとした出来事物を「トピック」で紹介しています。

学校を卒業して最初の就職先は、店舗什器のレンタル会社を親会社に持つデザイン室だった。

23歳から、3年ほど働いた。

これが、最初で最後の就職となった。

マネキン人形も扱っている会社で、忙しい時期には、我々デザイナーも駆り出された。

日本のマネキン人形は、痩せ形で胸もお尻も小さい。

いかに洋服を美しく見せるかという目的で作られていた、理想的体型なんだろう。

こんな体型の日本人は、絶対いないだろうと思うほどとスマートだ。

マネキン人形と言えどもリアルに作られているので、洋服を着ていない裸のマネキン人形を運ぶのは恥ずかしかった。

運びやすいため股間に手を入れるのが、さらに恥ずかしかった。

そんなマネキン業界に籍を置いていた私が、コロンビアで驚かされたのが巨乳のマネキン人形だった。


maniquí1.jpg

maniquí2.jpg

maniquí3.jpg

maniquí4.jpg


「なんで!」クエッションマークが幾つも点滅した。

理想的体型を具現化しているものがマネキン人形だと思っていた私には理解できなかった。

これが彼女たちの理想的体型なのか?

「疑問に思ったら、即ジュンペイさんに聞け」

これが私の処世術となっている。

どうやらコロンビアの女性は、巨乳と巨尻が魅力的だと思っているようです。

この2カ所の整形が多いと聞く。

私には、やはり理解できない。

デカイ乳房とデカイ尻が好きでなかったのに気づく。

そして、女性に興味が薄くなった私に唖然としている。


posted by ito-san at 06:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 南米コロンビアの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする