2015年08月23日

第58回・Feria de las Flores/花祭りのパレード(74)

2015年8月9日(日)

メデジン滞在2日目の始まり始まり。

今日は、今回の旅の主目的である「Feria de las Flores」花祭りのパレードを見学する日。

花祭りのパレードは、コロンビア国内で人気のイベントの一つだとのことだ。

コロンビアは勿論、毎年世界中から数多くの観光客を集めている。

今回で第58回を迎える。

マルガリータ嬢は、何度も見ていて飽きているので、見学しない。

ジュンペイさんはマルガリータ嬢と行動をともにして、彼女の友人宅を訪ねることになった。

ということで、私ひとりで見学することになった。

メトロは川に沿って走っている一路線しかないので迷うことは無いと思うが、メデジンでの単独行動は不安だ。


昼近くになって、マルガリータ嬢のマンションを出る。

バス停に向かう途中にある、壁画が気に入ったので写真に納めた。

Envigada1.jpg

Envigada2.jpg

Envigada3.jpg

Envigada4.jpg

Envigada5.jpg

Envigada6.jpg

市街地を走り抜けるバスに乗って、ドゥグラス君のイベント会場「プレミューム・プラザ」へ向かう。

フィットネスマシンの設置してある公園が目に付く。

エンヴィガードの街は、都市としての整備が行き届いているように思えた。


プレミューム・プラザからだと、花祭りのパレード会場まではメトロで一駅だった。

これなら私でも間違えることはないだろう。

見学あとの集合場所は、プレミューム・プラザ。

Industrides駅とプレミューム・プラザとの道程を覚えていればOKだ。

チケットの購入も何とかなるだろう。

プレミューム・プラザの警備員が「花祭りのパレードなら、ここから歩いても行けるところで見られるよ」と道順を教えてくれた。

ラッキーにも、メトロに乗る心配がなくなった。

午後3時、パレードの会場に向かう。

沿道まで、ジュンペイさんとマルガリータ嬢がついて来てくれた。

マルガリータ嬢は「このあたりがいいわよ」と沿道で見学することを薦めてくれた。

沿道には、二重三重の人だかりができている。

隙間を探して先に進んだ。

道の反対側には、階段状の仮設観覧席が作られている。

こちらは席料がいるようだ。

道路の上を陸橋が走っている。

席料を払って観覧席で見るのも良いが、陸橋の上ならパレードを前から見られる。
私は、陸橋の上の3列目に陣取った。

花飾りを担いだ行列だけだと思っていたら、踊りと音楽もあった。

人力で担ぐ、直径2メートルもある花飾り。

足取りも重い。

観衆が「廻れ!廻れ!」と声援を送る。

声援に答えて廻ると、拍手が送られる。

花飾りのパレードは地味だが、踊りと音楽は、まさに南米のカーニバルだ。

パレードの模様は、動画で御覧下さい。



3時間ぶっとーしで、立ち見。

疲れた。

腰が痛い。


午後6時30分「プレミューム・プラザ」に戻る。

ジュンペイさんとマルガリータ嬢も戻っていた。

マルガリータ嬢が、ランプを購入してくれた。

lamp3_2.jpg

今夜も宿泊は、マルガリータ嬢のマンションに世話になる。

猫ちゃんと戯れる。

名前は、スペイン語の猫(Gato)そのままでガトー。

Gato.jpg

メデジン滞在2日目終了。

おやすみなさい。


〜続く〜



posted by ito-san at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米コロンビアの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする