2015年10月01日

封印した過去(92)

ボゴタ滞在も終わる。

いよいよ、コロンビアを離れる日が来た。

今回は、さまざまなことを考える旅となった。

ウブドに戻る前に、日本に立ち寄る。

滞在は短期間の予定。

孫と遊べたらいいなと思っている。

キャッチホールでもしようかな。

息子の洋祐に、グローブを用意しておくように連絡しよう。


洋祐とキャッチホールをした、遠い昔の日々が思い出される。

彼が8歳になるまで、一緒に遊んだ。

小さな公園巡り、長島スパーランド、ディズニーランド、銭湯、海に、山に、キャンプ、スキーetc。
上海&北京の旅もした。

ほんとうによく遊んだ。

9歳までの子育ては、親子で遊ぶことと決めていた。

子育てがメインで、仕事は二の次だった。


1990年からの25年間、彼の成長を見ることができなかった。

悔いが残る。

私の人生は、あと何年だろう。

共有できなかった25年間と同じ年月を所有しようとするならば、17年が必要だ。

85歳まで生き延びる自信はない。

たとえ生きられたとしても、切断された時間は埋めることはできない。

私の心にポッカリ空いているのは、あるはずの彼との生活だった。

25年の間、この子はどんな生活を送っていたのだろう。

オヤジがいないからといって、辛い思いをすることはなかったと思うが、気になる。

反抗期、思春期に立ち会えなかった。

体力的にオヤジを越した自分を体験させてやりたかった。

彼の喜怒哀楽を、ひとつひとつ感じたかった。

オヤジの能力全開で、子供と向き合う時間。

そばに居て、受け止めてやりたかった。


私が家を出た日、彼は私の車のあとを追ったそうだ。

まったく気づかず、私はひたすら前を向いて車を走らせた。

振り返る余裕もななった。

・・・・・・・・・

涙を流していたから。

彼のそんな姿を見てしまったら、脳裏に焼き付いて離れなかっただろう。

それでは、私の日々が更に辛くなっていただろう。

その後何日も道端に立ち尽くす姿を見たと、母親は言っていた。

家庭裁判所からの判決は、洋祐がお父さんに会いたいと思うまでは、会ってはならないことなっている。

それは何年先なんだ!

私は、彼との過去を封印した。

過去を振り返らない人生を送るようになっていた。


何も覚えていない

何もかも忘れた

過去を振り返らなくなった

思い出すのが怖くて封印した過去

寂しくないかいって

いやいや、思い出すのが辛いから封印したんだ


いつ断ち切られてもいい生き方をしてきた。

先のことを考えることもなかった。

遣り甲斐、生き甲斐がなくなった、68歳。

このままだと“ひきこもり老人”になってしまうかも。

残り少ない生涯、どうやって生きようか考えている。

まずは、洋祐と話をする時間を作りたい。

封印した過去を取り戻す為の時間。

そして、孫が2人になった洋祐一家のお爺ちゃんとして認めてもらおう。


※ボゴタは、興味が芽生える場所だった。

まとまり次第、ブログにアップします。

しばらくお待ちください。


posted by ito-san at 00:42| 愛知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 南米コロンビアの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする