2015年11月13日

老人のボケ防止には「Hang Durm」(10)

『巨大なドラ焼き!』

スイスで開発されたスティールパンのような楽器。

ウブド大通りにある民族楽器の店「モアリ=Moari」で購入した『ハングドラム=Hang Durm』。

手に入れたのは、インドネシア製。

これで引きこもりに拍車がかかる。

これなら、自分の好きなように叩けるだろう。

ボケ防止に、こんな銅鑼を叩いてみることにしました。

Hang.jpg


コロンビアでは、ラテンアメリカの民族音楽フォルクローレ(folclore)で演奏されるサンポーニャを習ってみたが、一曲も覚えられず挫折した。

音楽センスの無さを思い知らされた。

「コンドルは飛んでいく」を覚えて帰りたかった〜!。

南米コロンビアの旅・サンポーニャ(Sampona)の作り方(37)も読んでください。


posted by ito-san at 14:12| 愛知 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする