2015年11月17日

快適な居候生活(11)

10月21日にバリに戻った。

空港には、アパ?のワヤン君の車で、S田さん、T木さんがウエルカムしてくれた。

バリを行った来たりのT木さんは、25年ぶりの日本帰国でも歓迎してくれた。

そのほか、バリだったり日本だったりの送迎に立ち会っている。

ありがたい仲間だ。

ウブドに着いてからは、S田さんの家にそのままお世話になっている。

居候させて頂いて、かれこれ一ヶ月近くになる。

大家さんは、パ・セダン(Pak Sedan)。

道路沿いにワルンを経営している。

Pak_Sedan1.jpg

パ・セダンは、ナシ・チャンップールで有名なワルンだ。

S田さんの借家は、その敷地内の奥にある。

Pak_Sedan2.jpg

Pak_Sedan3.jpg

Pak_Sedan4.jpg

快適な生活を送っています。

周りの人々の厚意に助けられ、楽しく生活ができている。

感謝、感謝。


※サービス動画:バリ島ウブドの散歩・ゴータマ通り

S田さんがゴータマ通りに「ワルン・ビアビア」をオープンしたのは、2002年の9月。

店舗デザインとコンセプトは私が協力させてもらった。

現在は、二代目のN君。

彼が、ガンバッて繁盛店にしてくれている。

これもデザイナー冥利につきる。




posted by ito-san at 19:28| 愛知 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする