2015年12月31日

2015年の大晦日(19)

2015年も、いよいよ大晦日。

振り返れば、今年は「コロンビアの旅」の一大イベントがあった。

旅の前後には、日本にも滞在した。

思い出の多い年になった。


バリ島ウブドに戻って2ヶ月になる。

2016年で、ウブドで26回目の新年を迎える。

新年と言っても、バリでは、日本に居た時のように新たな気持ちにはなれない。

年末になると必ず出没する、バリの風物詩がある。

ドゥダルーと自転車の荷台に円錐形の派手な商品を積んで売り歩く行商だ。

派手な商品は紙製のラッパで、こちらではトゥラムペ(terampet)と呼ぶ。

トランペットと言う意味だろうが、ピーピーとうるさい笛だ。

今夜は、このトゥラムペとの音がウブド中に響くことだろう。

terompet1.jpg


来年のカレンダーを見ていて、第11番目の月=Sasih Jiyestha(雨季の終わり)と第12番目の月=Sasih Sadha(乾季の始まり)の間の5月に「Sasih Mala Jiyesta」という、今まで見たことのないSasih(月)が新たに加わっているのに気づいた。

calendar1.jpg

calendar2.jpg

バイク事故で療養していた「影武者」の辞書・ダユーが復帰したので、さっそく疑問をぶつけてみた。

年々、バリの雨季の到来が遅くなっているが、これはバリの暦的には、天変地異が原因ではないようだ。

ここで言う暦とはサコ暦(Saka)のことで、太陽と月のサイクルを組み合わせたもので353日、355日あるいは356日の1年で巡ってくる。

「このSasihは、12年に1度巡ってくる “ うるう月 ” だ」とダユーは言う。

サコ暦では、月の隠れる暗月(ティラム・bulan tilem)の翌日から、次の暗月までをひと月とする。

このひと月が、お月様の都合で30日とは限らない。

12年の間にずれ込んだ暦の日数を「Sasih Mala Jiyesta」で調節するわけだ。

来年の乾季入りは雨季の到来が遅くなったと同様に6月頃に遅れ、再来年にはサコ暦どおり、11月には雨が降り始め12月には雨期に入るはずだ。

「でも、11月に雨が降らず12月後半になってやっと雨季入りした現実は、Sasihをずらしても変らないでしょう?」という疑問は、バリ人には通じません。

彼らはバリの暦をひたすら信じているようですから。

「えっ、来年は13ヶ月あるの?」と言う疑問も受け付けません。

彼らは調節月が加わっただけで、あくまでも「12ヶ月です」と言い張ると思います。

これは、ダユーと話していて感じたことだ。


今回のブログは、「アパ?情報センター」の《ウブドnoニュース》をまるまる利用しました。

マラス=(Pe)malas=怠け(者)で、ご免なさい。

それでは、良いお年を・・・・・。


posted by ito-san at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする