2016年01月30日

バリ芸能の保存育成は、バリ人に任せよう(28)

20数年前にウブドで出合ったことのある日本人女性から、メールとともに古い写真が届いた。

懐かしい写真ばかりで、往時を思い出した。

文面から蘇った思考がある。

「おじさんは怒ってるゾ!!」

1997年11月30日発行の「極楽通信UBUD vol.23」その他のニュースで書いた記事だ。

当時の怒りを振り返ってみた。


今、バリ、特にウブド近郊は、私が滞在し始めた1990年に比べて芸能が盛んになってきている。

古い舞踊が復活されたり、新しい曲や踊りが創作されている。

寺院祭礼の奉納演目も年々増えている。

婦人や子供たちのガムラングループが誕生し、バンジャールの儀礼に活躍が観られる。

王宮のお抱えグループやバンジャールのグループ以外に、財団法人(Yayasan)や個人所有のグループ(Sanggar)もここ数年増え続けている。

これらは、バリ芸能の保存と育成を目的に設立されている。

バリの伝統芸能に、外国人がスポンサーの名乗りを上げ始めたのも、この頃か。

あちこちの村で、外国人篤志家の援助によるグループがいくつかできた。

私的には、バリ人主導に対しての援助は大歓迎。

お金は出すが口は出さないという条件で。

しかし、新たなグループを、外国人が作ることには賛成できない。

外国人は、旅の恥はかき捨て式に、かき回して途中で国に帰ってしまうことが多いからだ。


その中に、ちょっと気になるグループが存在した。

お金を出すが口も出す。

おまけに顔を出し、姿も現し、私物化している。

「私がスポンサーでござる」と言わんばかりに、出しゃばり王様のように振る舞う篤志家。

バリ人の踊り手がいるにもかかわらず、篤志家自身が主役として出演してしまう。

バリ芸能はバリ人のもので、バリ人に任せておけばよい。

入場料を取って公演するグループもある。

外国人の踊るバリ舞踊に、入場料を払わされる観光客も迷惑な話だ。

観光客は、バリ人が踊っていると信じている。

それを裏切ってはいけない。

日本国内で、バリ芸能好き日本人主催の公演にバリ芸能好きの観客が入場料を払うのは許される。

私が踊っていたから言い訳するつもりではないが、寺院祭礼で外国人が奉納舞踊をするのも許されるだろう。

バリの芸能を愛する人を、村人は歓迎してくれる。

神々に捧げる踊り


プリアタン村に、日本人がスポンサーとなったグループが誕生した。

1993年、プリアタン村にある2つのグループからガムラン奏者を選りすぐって結成した。

伝統ある両グループの組織や人間関係を崩してしまった年でもある。

グループ名は、篤志家の名前。

エゴの道具にされたとしか思えない。

ヒンドゥー教の神の名だと聞かされたが、知名度のない神様の名前はこじつけだろう。

日本公演の際、2つのグループはプリアタン村に残ったメンバーで定期公演をこなした。

精鋭メンバーの抜けたグループのレベルが落ちたのは、致し方ないことだった。

日本公演から戻ったグループのメンバーは、古巣には戻れない。

それはそうだろう、村のグループじゃない日本人が主宰するグループに鞍替えしたメンバーにホットポジションは用意されない。

「日本に行ける」「お金がもらえる」の魅力につられて入団した者も多かった。

ウブド北部アンドン地区に専属ステージが作られ、定期公演を打つことになった。

金満日本を見せつけられた思いだった。

精鋭で結成されたグループの演奏は、優れもの。

しかし、定期公演の客足は伸びなかった。

場所が悪いとの声もある。

火曜日のスマララティ公演日に、ぶつかったのもマイナス要因か。

客の入りが少なく、メンバーの士気も盛り上がらなかったのだろう。

メンバーが足りなかったり、開演時間が遅れたり、早く終演したりと、ルーズになった。

「演奏は良いのだが」の声。

お客が2人以上の場合は定期公演を行うが、1人の場合はキャンセル。

キャンセルすることが、しばしばあった。

こんな状況が続いた。

その後、日本公演の話も途絶え、グループでのメリットが見えなくなると、メンバーはさらにやる気をなくす。

客が来ない⇄やる気がなくなる。

悪循環の結果、定期公演は休止となる。

アンドンのステージ閉館あと、プリアタン王宮で水曜日に公演した時期もあったようだが、これもいつのまにか消滅していた。

グループも解散したと同然。

旅の恥はかき捨て式にフェードアウトしていった。

採算が合わなくなれば退散。

私が危惧していたことが現実となった。

これは現在のホテルラッシュの将来にも起こりえる。

ビジネスが成り立たなくなれば、撤退する。

建物は、末は廃墟となるだろう。

残されたバリ人には、迷惑な話だ。


果たしてプリアタンの村人は、援助を喜んでいたのか?

いらぬお節介ではなかったのか?

バリの芸能は、神々に奉納するもの。

観客に褒めてもらうために演奏しているわけでも、踊っているわけでもない。

技巧の優れた芸能を奉納する必要はない。

技術アップは、二の次。

寺院祭礼で観る奉納芸能は、村人の一途な姿に感動させられるのだ。


今、こんな動きは影を潜めている。

バリ芸能の保存育成は、バリ人に任せておこうよ。

私の独断的意見で反感をお持ちになる方もありましょうが、考え方は以前と変わっていないので敢えて書かせていただきました。


posted by ito-san at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする