2016年02月28日

サテ・アヤムは、鶏肉の串焼き(35)

曇天の日が続き、一日に幾度も雨が降る。

小降りになったのをチャンスに、外出した。

自動車が水溜りを蹴散らして通過していった。

「冷た!」と感じながら「唖然!」としている。

歩道に居た私は、何が起こったか理解できなかった。

キャメルカラーの長ズボンの膝から下が、水を含んで黒ずんでいく。

これは「かけ逃げ事件だ」。

水溜りがあって、近くに人がいた場合、車は徐行するもんじゃないの。

「ひき逃げ」「ひったくり」じゃないので犯罪ではないが、日本だったら弁償もんだよね。

通り過ぎて行った車に対して怒っていいのかな。

今から、罵声をあびても聞こえないだろう。

石を投げても届かないだろう。

これってウブドでは通用しない、私だけに常識だった?

考えてみよう、道路は自動車専用。

この頃の道路は、車中心と考えられている。

「人間中心の道路って、いつの時代の話だ?」のツッコミが聞こえる。

ごもっともです。

交通法規を守れば、自動車は自由に走って良いのだ。

と言うことは、しぶきを掛けられても文句は言えないのか。

これはモラルの問題だ。

「やられ損」「泣寝入り」嫌な言葉だ。

歩行者は、被害に遭わないように注意を怠らないようにしよう。

安全な歩道が設置されるまでは、たとえ、しぶきを掛けられても困らない服装で出掛けよう。

そんな考えに到達した私は、腹を立てることもなく、ずぶ濡れのズボンをジ〜と見つめるのであった。


さてさて、濡れたズボンで出掛けて行った先は・・・・・。

美味しい鶏肉のサテ(sate)が食べられる、サテ・アヤム(sate ayam)専門店。

私が知る限り、ウブドでサテ・アヤムの店は「パ・アアン=Pak AAN」しかありません。

ローカル・ワルンが急増する、スグリオ通りの中程にある。

ツーリストには、入るにチョッピリためらう店構え。

Pak AAN1.jpg

美味しいので、勇気をふるって入ってみよう。

日本語で焼き鳥と訳されることがありますが、私的には、鶏肉の串焼きの方がシックリきます。

山羊肉のサテ・カンビン同様に、ちょっと甘めのピーナッツソースを絡めていただきます。

Pak AAN2.jpg

Pak AAN3.jpg

Pak AAN4.jpg


さて、サテと言えば、ご存知のようにバリでは串焼きのこと。

椰子殻の炭で、焼き上げます。

串焼きには、小さく切った肉が刺してあるのと、つくねを串に巻き付けた、2種類がある。

肉が刺してあるのは、サテ・アヤム以外に、山羊肉のサテ・カンビン(sate kambing)、牛肉のサテ・サピ(sate sapi)、豚肉のサテ・バビ(sate babi)、魚肉のサテ・イカン(sate ikan)などがある。

ウブドでサテ・カンビンと言えば、ウブド大通りにある「ワルン・マドゥラ=Warung Madura」が有名。

サテ・サピ、サテ・バビ、サテ・イカンが、単品で食べられるワルンを探しています。

ご存知の方は、情報ください。

御法度の亀肉のサテ・ペニュ、ゲテモノと言われる犬肉のサテ・アンジンなんてのも、どこかで売っているようです。

これについては、情報はいりません。


つくねの串焼きは、サテ・リリッ(巻き付けたサテ)と呼ぶ。

魚肉はサテ・イカン・リリッ、豚肉はサテ・バビ・リリッ、その他。

サテ・イカン・リリッの老舗は、スクマ通りの「マデ・ロイ=MADE RAY」。

近頃、ジャヤユ通りの「ワルン・プルマナ=Permana」が、私はお気に入りです。

『ローカル・ワルンに挑戦しよう!』

連絡いただければ、私がお供してもよろしいですよ。

二の足を踏むあなたは、レストラン・メニューのサテ各種が入ったナシ・チャンプールをお試しください。

上記のサテの幾つかを、味わうことができるはずです。


料理法、味についての説明は省かせていただきました。

何度も言いますが、私、料理音痴なんです。

詳しくは「ダプール・バリ」を覗いて見てください。


posted by ito-san at 03:18| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

サンヒャン・ジャラン@プナタラン・サシ寺院(34)

「23日の予定が、22日の夜7時に変更になりました」

ワヤンからのメールを見たのは、すでに7時を過ぎていた。

プナタラン・サシ寺院(ペジェン村)の祭礼は、サコ暦で第9番目の月(西暦の2月頃)Sasih Kasanga (サシ・カサンゴ)の満月(プルナモ)の日に始まる。

22日の満月が、オダランの初日だ。

サンヒャン・ジャランが見られるとの情報は、ひと月ほど前からあった。

私は、万全の体勢で23日の昼4時に備えていた。

今から準備しても、プナタラン・サシ寺院には1時間後だ。

終わっているかもしれないか、取りあえず行ってみることにした。


PENATARAN-SASIH1.jpg


夜8時、プナタラン・サシ寺院に到着。

幸いなことに、まだ終わっていないようだ。

情報通りに、昼4時から来ているツーリストもいる。

食事に行くにも、その場を離れられない。

情報が不明瞭で、いつ儀礼が始まるのかわからないのだ。

サンヒャンジャランは、馬を模した儀具を用いる。

境内の奥に、儀具が4器、安置してあるのを確認。

4人のサンヒャンジャランが見られるのか?

PENATARAN-SASIH2.jpg


祠の横に、ココナツ殻の入った袋がいくつもある。

サンヒャンジャランは、燃え盛るココナツの殻を蹴散らせるトランス儀礼だ。

観光客向けの公演で見ているが、本物は見たことがない。

境内には、人があふれている。

私は、バレ(建物)の柱の後ろに席を確保し、腰を下ろした。

柱を盾にしていれば、人の波に押し流されることはないだろう。

PENATARAN-SASIH3.jpg

儀具が、背の高い供物の前に運び込まれた。

ココナツの殻が、境内に中央に山積みされる。

幾つかのランプの光が消された。

いよいよ、始まるのか。

村人も私と同様に、今か今かと期待で興奮しているようだ。


突然、観衆の中から女性の叫び声。

9時17分、トランス儀礼は、こうして始まった。

女性は、優雅に舞いながら、境内の中央に出て行く。

境内に控えていた男女のグループの謡が聞こえる。

女性がもうひとり、身体を痙攣させてトランスに入った。

ココナツの殻に火がつけられた。

煙が立ちこめる。

女性3名と男性1名のトランスするシルエットが浮かんだ。

影絵を見ているようだ。

彼らは、恍惚状態で踊っている。

馬を模した儀具に股がったのは、女性だ。

女性のサンヒャンジャランは初めて見る。

燃えたココナツ殻を蹴散らす。

儀礼は30分ほどで終了した。


動画は、音声が途切れがち。

煙が立ちこめて、肉眼でも見難くい。

眼を凝らして御覧下さい。




posted by ito-san at 00:06| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

大型観光バス乗り入れ反対(33)

ウブドの交通渋滞が眼に見えて激しくなったのは、2010年頃からだったと記憶する。

車両が増えたのが原因だが、特に大型観光バスの通行と乗客の乗降が、渋滞を巻き起こしていた。

大型観光バスは “すれ違えない" “廻りきれない"。

市場前での乗客の乗降も、渋滞の原因になっている。

大型観光バスのほとんどが、中華系の団体旅行。

裕福になり、海外旅行が楽しめるようになっただろう。

中華系旅行社と契約しているレストラン前も渋滞する。

午後1時頃から4時頃までの交通渋滞は、腹立たしいものがある。

【ウブドに、大型観光バスの乗り入れを避けよう=UBUD TOLAK BIS BESAR】の立て看板を目にするようになったのは、この頃だ。

BIS-BESAR.jpg

そう言う私も、かつては観光バスをモンキーフォレストに乗り入れ、ジェゴグ・ツアーのお客様をピックアップしていた。

路肩にバスを止めることが出来て、渋滞にはならなかった頃のことですから、お許しください。


ステッカーが配布され「大型観光バス乗り入れ反対」の署名活動が始まった。

目に余る渋滞に見かねた、誰かさんの行動だろう。

誰かさんは、きっと外国人長期滞在者に違いない。

国籍問わず、滞在者や旅行者に署名をお願いしている。

もちろん、地元バリ人にも参加を呼びかけている。

現状を思わしくないと考えている村人も多いはず。

日本人も「ウブド・エコ・プロジェクト=http://www.dapurbali.com/uep/」主導で署名運動に参加した。

バリ人の協力を得て、しかるべき役所へ嘆願書の提出となる予定だ。

町の機能が麻痺しないうちに改善しなくては、観光地ウブドの面目もない。

早急に対応策を。

署名活動の動向が曖昧になり、いつの間にか情報は断ち消えた。



先日(2016年2月17日)、トゥブサヨ村スクマ通りで車が滞っていた。

観光バスの駐車場に利用されている、ダラム・プリ寺院前が渋滞だ。

春節(旧正月)の連休に入り、中華系の旅行者が利用する観光バスが縦列駐車している。

モンキーフォレスト通りとハヌマン通り、ウブド大通りの通過を避けたのは、懸命だ。

乗客はここで乗降して、ウブド中心部とパサールを散策する。

市場前での観光バスの乗降がなくなった。

問題は、駐車場が狭すぎる。

shunsetu1.jpg

shunsetu2.jpg


スゥエタ通り(サンバハン村)に、2014年11月ウブド中央駐車場がオープンした。

これも、車両の増加に追いつかない。

モンキーフォレスト東通りの大駐車場がオープンしたのが、2015年6月。

景観を壊してまで決断した大駐車場建設。

慢性的交通渋滞の改善に期待している。

出来ることなら、排気ガスの無い、歩行者に優しいプロムナードが欲しいな。


posted by ito-san at 04:35| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

「トロピカル・ヴュー・カフェ」のヴュー(32)

ウブドは今、雨季の真っ只中。

毎日のように雨が降っている。

室内が湿気っているのを感じる。

雨に濡れた衣類は、一日で悪臭を放つ。

汗を吸った帽子には、カビが生えていた。

鼻水が止まらないのは、カビのアレルギー性鼻炎かな。

陽射しを見つけて、部屋と衣類を虫干ししなくては。


ウブドで、広々としたライス・フィールドが望めるホテルやレストランが皆無となった。

道路沿いの田んぼは、すべてレストランやショップに変身し、その奥にある田んぼには、ホテルやヴィラが増殖している。

申し訳程度に残っている田んぼを、数軒で借景しているのが現状。

そんなの中に、比較的広い田んぼヴューが残っている場所がある。

ハヌマン通りのY字路をモンキーフォレスト方面に向かって、しばらく行った左手の高台。

「トロピカル・ヴュー・カフェ=TROPICAL VIEW CAFE」は、高台から田んぼが見渡せる、景観が美しいと評判のレストランだ。

ウブドらしい風景の見られる店の一つである。

トロピカル・ヴュー・カフェは、20年の契約が終了して一度閉店している。

その後、地主経営で2013年4月2日にリニューアル・オープンした。

TROPICAL VIEW CAFE1.jpg


「景色の素晴らしさは、以前と変わらない。これほどの田んぼの景色が見られるレストランは、ウブドにはここ以外にはもう無いかもしれない」と、2013年4月11日・ウブドnoニュースにある。

唐突ですが、パダンテガル村の某屋敷から出発して、ハヌマン通りを南下するアヒルの家族を見かけたことはありませんか?

アヒルの家族の後ろを、車がノンビリとついて行く風景は微笑ましかったですね。

この頃の渋滞の原因は車じゃなくて、アヒル家族の散歩だった。

後ろをついて行ったことがある。

アヒル家族の目的地は、トロピカル・ヴュー・カフェだった。

なぜか、レストランの前で整列していた。

そのあと、帰っていく。

意味不明の行動でした。

その後見かけないが、どうしているのでしょうね。

bebek_family3.jpg


2015年6月、トロピカル・ヴュー・カフェの借景が減少した。

原因は、レストランと猿の森との間に屋外大駐車場が完成したからだ。

駐車場入口は、トロピカル・ヴュー・カフェの西横。

そこから、ず〜っと300メートルほど先までが駐車場の敷地。

「グリーン・フィルド・バンガロー」の南端まで占めている。

ライス・フィールドは途切れたが、駐車場の歩道には樹木が植えられ、背景にはニュークニン村の椰子並木が見える。

レストランからの目線は、今のところ問題はなさそうだ。

大駐車場は、パダンテガル村の経営。

ウブドの慢性的渋滞からの脱却策としては、駐車場建設は仕方ないことだろう。

観光地としては、アメニティを重要視する必要はある。

計画では、4階建での駐車場が建つと聞いている。

1階が駐車ベース、2階以上はクリニックセンターやスポーツセンターなどができる。

そんな巨大なビルが建てば、景観が変ることは間違いないだろう。

風景がどう変貌していくか、気が気で無い。


※「トロピカル・ヴュー・カフェ」の動画です。





posted by ito-san at 17:32| 愛知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

Selamat Hari Raya Galungan dan Kuningan(31)

フェースブックと同じ内容で、ゴメン。


元気に、引き籠もり生活を楽しんでいます。

「アート・スペース」が改装中で絵を飾ってもらえないので、只今、流木に挑戦中。

ルビ海岸で流木を拾って来ては、小物を作っております。

ゴータマ通りの「手作り陶器のスティア」に置いてもらえるかも。

厳しい審査に受かったらの話ですが。

手先が鈍っ来ているのに、驚愕する日々です。

hobby1.jpg

hobby2.jpg

hobby3_1.jpg

hobby4.jpg

hobby5_1.jpg

art_ito11.jpg

art_ito12_1.jpg

art_ito13.jpg

art_ito14.jpg

art_ito15_1.jpg



posted by ito-san at 10:46| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

聞き間違え、それとも先入観?(30)

耳が遠くなったのか、この頃、日本語を聞き間違えることが多くなった。

先週は、1周間に2度も。


いつものように、影武者の大テーブル。

なぜか話は、マジック・マッシュルームになっていた。

マジック・マッシュルームは、牛のウンコに生えるので入手は用意。

しかし、バリで売買は刑罰になる。

幻覚関係の話から、流れは、コロンビアでは大麻は容易に手に入ると言う私の経験談となった。

台所が一段落ついたのか、由美さんが大テーブルにやって来た。

由美さんは、椅子に腰を下ろしながら「タイマを持って来るのを忘れた」と一言。

「えっ、大麻!」

私には「大麻」と聞こえていた。

そのあとに「今、煮物を作っているので」と付け加える。

話の流れからと言え、タイマーを大麻と聞き間違えるとは。

これは聞き間違いと言うよりは、先入観だったのかな。


もう一つは。

やはり、マジックマッシュルームの話から。

この日は、男組でNさん&Sさんとご一緒。

Nさんが、近々マジックマッシュルームを所望したいと言い、効用を語った。

Sさんが「そうですよね、コカンが敏感になりますよね」と答えながら、俯いた。

その仕草から「そうか、若者はコカンが反応するんだ」と私は感心した。

私の発言に、Nさんがすかさず「五感ですよ」と訂正する。

Oh〜No!

これは、先入観じゃありません。

完全な聞き間違いです。

やはり、耳が遠くなっていようだ。

誤解を反省しながら、心の中では、こんな歌を唄っていた。

♪静かなコカンの森の影から、もう起きちゃいかがとカッコウが鳴く♪

この歌を口ずさみながら、5年前の「影武者の大テーブル」を思い出していた。


次いでだから、その時の話を掲載しておきます。

居酒屋「影武者」の夜10時30分。

女将Y美さんが、ほっとする時間だ。

いつものように、大テーブルに常連客(A子さん、T子さん、Pさん、Uみさん、私)が集っている。

話題が、昨年末の「カウントダウン仮装大会」になった。

「C姉さんの仮装、キセルを持つと似合うよね」A子さんの発言に、Y美さんが反応した。

Y美さんは「そう言えば “昔” ね」と、話し始めた。

「リピータのNさんが、イリヤン・ジャヤ旅行のお土産を持って来てくれたことがあったの」

(イリヤン・ジャヤは旧称で、現在はパプアと呼ばれる、世界で2番目に大きな島ニューギニアの西半分、インドネシア東端に位置する州)

「これは何をする物ですか?と訊くと、Nさんは『パイプみたいな物だよ』と教えてくれたんです」

Y美さんはそう言って、パイプをふかす真似をした。

「私はその時、それが “コテカ” だということ知らなかったのよ。それも “使い古し” だって」

“使い古し” の “コテカ” を口にくわえたY美さんを想像して、私は苦笑した。

A子さんとT子さんも笑っている。

ここで、それまで静かだったPさんが、話に加わった。

「そうよ〜、今、若い人の間で流行っているのよ」

日本の情報に疎い長期滞在者に、最新ニュースを提供するような口調だった。

「109とかスペイン坂のお店で吊して売ってるよ」

Pさんは、Y美さんと同じ年で、常識のある、いつも落ち着いた雰囲気の女性。

彼女の自信に満ちた発言に、4人が声を揃えてこう訊いた。

「流行ってるんですか? “コテカ” がですか?」

Pさんは、話の流れでキセルかパイプの話だと思っていたようだが、みんなのリアクションに疑問を感じたようだ。

「ところで “コテカ” って何?」と訊いてきた。

それでは、説明します。

“コテカ”は、パプア男性の民族衣装。

バリでいえば、カマン(腰布)の役目。

細長いひょうたんで作られた、裸族パプアのペニスケースのこと。

「えっ、知らなかった〜!」Pさんは絶句し顔を赤らめた。

そして「Uみは、知ってた?」と顔を覗く。

Uみさんは、首を横に振った。

本日の若手であるUみさんも知らないところをみると“コテカ” の認知度は興味の問題で年齢には関係がないようだ。

このあとPさんは、我々の爆笑の間を縫って、ペチカの歌を口ずさんでいた。

♪雪の降る夜は、楽しい“コテカ”♪・・・・・歌声は続く。

“コテカ” 姿で、雪の夜は辛いと思うけど。

天然の入っているPさんを発見した、楽しい夜でした。

ところで、あなたは “コテカ” を知ってましたか?

(この話は、事実のももとづき、一部脚色したものです)

「MIXI:2010年07月12日■コテカって何?」より

下ネタでごめんなさい。


posted by ito-san at 20:36| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

バロン・ブリッジ・カフェのオープン (29)

新しいスポットが、ニュークニン村に完成した。

モンキーフォレストの脇道を抜けると、そこはニュークニン村の北入口だ。

工事中だった脇道は、今年に入って開通した。

新しい脇道は地下道となり、上には大駐車場からモンキーフォレストに入る橋が架かる。

M_forest3.jpg


北入口からニュークニン集落までは、ホテルやレストランが連なる。

集落は、ジュプン樹並木の美しい、お薦め散歩コースだ。

nyuhkuning1.jpg


ニュークニン村の南西入口には「バロン・ブリッジ(仮称)」がある。

その橋の袂に、TART & COFFEEの店が開店。

バロン・クッキーの販売元がオーナー。

そんなことから、橋の名称を「バロン・ブリッジ」と命名した。

いつのまにか、通称となることを狙っている。

近くには「和食・影武者」&「D'Waroeng」、ローカルの「バビ・グリン屋」がある。

この界隈、ひょっとすると人気にエリアに変身するかも???。(希望的観測)

barong_bridge_cafe1.jpg


「バロン・ブリッジ・カフェ=Barong Bridge Cafe」は、2016年1月1日にソフト・オープンした。

ひと月が経ち、店の雰囲気も風景に馴染んできた。

まだ、グランド・オープンはしていない。

barong_bridge_cafe2.jpg

barong_bridge_cafe3.jpg

barong_bridge_cafe4.jpg
 

一ヶ月ぶりに、訪れた。

なんと、Free WiFI が設置されている。

以前は、WiFi がなかったので疎遠になった。

「知人の店なのに、冷たい奴だ」と怒りなさんな。

これからは利用できる。

メニューに、カルボナーラを見つけた。

カフェ・アンカサのカルボナーラが食べれなくなって他店を彷徨ったが、私の好む味には巡り会わなかった。

「和るん・あんかさ(店名変更)」のカデさんが、手伝っているところをみると、ひょっとしてひょっとするかも。

迷わず、カルボナーラを注文。

バロン・ブリッジと、その向こうに広がる森が眺望できるテラス席に、腰を下ろした。

運ばれて来たカルボナーラは、カフェ・アンカサの味だった。

懐かしい恋人に再会したように、嬉しかった。

寄りを戻そうと、通っちゃうかも。

コーヒーの味も、落ち着いてきた。

研究熱心なオーナーのこと、更なる味の追求とメニューの充実が期待できる。


■飲物:コーヒー各種:Rp20,000〜Rp28,000-/紅茶各種:Rp20,000〜Rp24,000-/ジュース各種:Rp18,000〜Rp22,000-/ビンタンビール:大Rp30,000- 小Rp20,000-/etc

■食事:パスタRp40,000〜Rp55,000-/ピザRp35,000〜Rp65,000-/バーガー&サラダ&マリネ/etc

■営業時間:11.30am〜7.00pm

■駐車場あり

■メモ:バロン・クッキー&アンカサのコーヒー販売。ウブドの地図「@ウブド」も置いてあるよ。


posted by ito-san at 03:11| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする