2017年08月14日

Candi tebing @ Gunung Kawi (146)

ウブド近郊の観光地を、今さらながら紹介する。

たまには観光客気分で・・・・。

現在のペジェン村地域には、10世紀から14世紀に栄えたといわれるバリの王国・ワルマデワ王朝時代の遺跡が多く残っている。

疑問なのは、王宮の形跡がまったく残っていないこと。

ジャワのマジャパイト王朝がバリに侵攻した際に、打ち壊されてしまったのだろうか。

謎の残る事実だ。

数多く残る遺跡の一つ「グヌン・カウィ(Gunung Kawi)」を数年ぶりに訪れた。

ウブドの渋滞を抜けて、バイクで30分ほどの地点。

ゴアガジャ遺跡を通り越し、タンパクシリン村に向けて北上して右手にある。

Gunung Kawi1.jpg

グヌン・カウィは、岩肌に彫られた仏殿(Candi tebing)の名称。

チャンディ(Candi) は古い石造の仏殿、トゥビン(tebing)は川端、断崖の意味。

チャンディ・トゥビンは、バリ島のいたるところに残っている。

グヌン・カウィは、バリ島最大のチャンディ・トゥビン。

パクリサン川渓谷を挟んだ両岸に残る、心地よい空間にある。


それではグヌン・カウィを見学しよう。

遺跡までは、渓谷の急な階段を降りていく。

その道すがらの景色は、田んぼが広がるナイスビューと売店。

Gunung Kawi5.jpg

Gunung Kawi4.jpg

階段は途中から、岩を削った道になる。

岩壁の狭い道を進むと、岩をくり抜いた狭い門が見える。

入ることを拒む、結界を念わせる。

Gunung Kawi7.jpg

その昔、この門をくぐると異界だったのだろう。

人びとは、平穏を求めてこの地を訪れる。

今、門の前には案内板が立ち、観光客の便を図っている。

掲示板には、この地に建つヒンドゥー・バリ寺院の名がいくつか表示されていた。

Gunung Kawi8.jpg

左下に、CHANDI PRASADHA UKIRの表示。

ここではCandi tebingをCHANDI PRASADHA UKIRと呼んでいるようだ。

辞書を調べると、巨大な建造物(PRASADHA)&彫刻(UKIR)のこと。

巨大な仏殿石彫とでも訳せばいいのか。

右下にあるグヌン・カウィ寺院。

スバトゥ村に同名の古い寺院があるが、関係はわからない。

未調査でゴメンナサイ。

Gunung Kawi9.jpg

渓谷の川沿いに建つ「Candi tebing Gunung Kawi」。

高さ7メートル、奥に2メートル。

その大きさに圧倒される。

岩をくりぬく方法はインドのアジャンタやエローラ遺跡と同じで、インドの影響を受けたものとされている。

かつて栄えたワルマデワ王朝の壮大さがしのばれる石窟遺跡だ。


橋を渡った対岸にもチャンディが残っている。

川を挟んで対称になっている。

Gunung Kawi11.jpg

グヌン・カウィ寺院を抜け、川沿い進むと、瞑想のためのほら穴がいくつもある。

ここで瞑想をしていく、観光客もいるようだ。

Gunung Kawi12.jpg

のんびり散策していると、いにしえにタイムスリップしたような気分になる。

そして、心地が良い。

久しぶりに訪問だが、心は癒された。

前回の訪問では、復路の急な階段で息切れをした。

今回は、まったく疲れを感じなかった。

アグン山登山に向けて、数回した散歩に効果があったようだ。

階段の上り下りはキツイが、一見の価値有りで、お薦めしたい。

■入場時間:8.30am〜5.00pm
■料金:Rp15,000-(腰紐、腰布代含む。短パン、ミニスカートは腰布を巻く)
■駐車場料金:車Rp5.000- バイクRp2,000-
※参照文献:「地球の歩き方・バリ島'17 '18」



※付録動画
階段を登り切った田んぼビューの中に、近日オープンのレストラン「グヌンカウィ」。


posted by ito-san at 16:59| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

GREEN KUBU CAFE @ instagram(145)

「古希記念・アグン山登頂」から2週間。

皆々様より、暖かい祝いの言葉の数々。

嵐のように過ぎ、今は、平常の日々に戻っております。

オジさんの近況より、ウブドの話題をお望みの皆様に、取って置きの情報をプレゼント。


有線電話の普及が遅れているうちに、インターネット社会に突入してしまったウブド。

現在、ウブド人のスマートフォン普及率は、先進諸国と変らないだろう。

先進諸国という言葉は好きではないが、ここではあえて比較のために使用した。

バリ人は熱中するタイプか?

流行ると、一斉に行動する。

フェースブックもそうだったが、今は、インスタグラムが大流行。

これまでツーリス客がほとんどだったレストランが、インスタグラム効果でローカルの若者で占領されるようになった。

一躍脚光を浴びて、人気スポットになる。

クチコミがソーシャルメディアでスピードアップされる。

これもスマートフォンの普及が成せる技。

自分撮りの好きなバリ人は、観光スポットをバックに自撮棒が大活躍。

こうして人気になったところを「インスタグラム・スポット」と、私はかってに呼んでいる。


ウブドで人気の「インスタグラム・スポット」No1は《 ブキット・チンタ=Bukit Cinta=愛の丘 》だ。

ウブドの西・チャンプアン橋のほとりにあるグヌン・ルバ寺院横の小道を進んだ小高い尾根のことだ。

ツーリストには「Campuhan Hill」と呼ばれている。

いつの間にか、ローカルのカップルや家族連れが訪れ、デートやウォーキングのコースになっている。

これも、フェースブック&インスタグラムの影響だ。

「アパ?情報センター」の主幹・ワヤン君のフェースブックに、ウブド近郊のインスタグラム・スポットが掲載されていた。

さっそく、視察に行って来ました。

では、そのレポートを。

ウブド・サレン王宮のある変則十字路から、バイクでおよそ30分の距離。

カジェン通りを北上して、ジュンジュンガン村をさらに北上。

この先は、テガラランのライステラスに続く街道。

左折するとアバンガン村&クラバンモディン村に向かうY字路を通り過ぎる。

しばらく進むと、左手に広告塔が立っている。

まだ一軒しか広告看板はないが、一番上にある看板をよくご覧下さい。

JL.CINTA1.jpg

視力の弱い人のために、写真をアップにしました。

JL.CINTA2.jpg

この先の通りは「JL.CINTA」です。

なんとCINTA(愛)通りですよ。

左右にライスフィールドの広がる道が、チンタ通り。

蛍の乱舞する景色が想像できる。

恋人たちのささやきが聞こえてきそうな、ロマンチックな匂いもする。

そんなチンタ通りを走っていると、左手の田んぼの奥の賑やかな風景が眼に飛び込んで来る。

バイクを止めて畦道を進んで行くと「GREEN KUBU CAFE」がある。

GREENKUBU3.jpg

新しいインスタグラム・スポットですよ。

サイクリング会社の運営するレストラン。

一般客も食事ができます。

価格がワルン並みで安い。

箱庭のような、小さなライステラスが可愛い。

バリ・ロータス ”トゥンジュン" の池。

GREENKUBU4.jpg

田んぼを埋めて、カラフルなクッションで寛ぐ客席。

GREENKUBU5.jpg

棚田を鑑賞しながらの、雑談するのもいい。

大きな「GREENKUBU」の看板の前は、写真を撮るスペース。

よく見ると水に浮かぶのは、ハート形をした島だった。

GREENKUBU6.jpg

各テーブルのハート形のナンバースタンドも可愛い。

GREENKUBU7.jpg

あとは、動画でご覧下さい。



■メニュー:インドネシア料理
■食事:ミーゴレンRp20,000-/ナシゴレンRp21,000-/etc
■飲物:コーヒーRp15.000〜Rp18,000-/紅茶Rp9,000〜Rp13,000-/ジュースRp12,000-/ビンタンビール大Rp42,000-小Rp24,000-/etc
■営業時間:11.00am〜6.00pm(定休日:儀礼・祭礼日)


テガランタン村の我が家からだと、バイクで15分の距離。

この頃、ちょくちょく利用している。

蛍観賞のために、閉店時間を遅らせるという話も聞く。

そうなれば、クナンクナン(蛍)・ツアーが復活できる。

ロマンチックに、クナンクナン観賞。

ご一緒してくれる女性、探さなくっちゃ。


posted by ito-san at 17:30| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする