2017年09月11日

ベン村にある滝 @ instagram(150)

バリ舞踊定期公演総チェックも、4週目に入っている。

同じ種類の踊りを何度も見ているのだが、それぞれに個性があって、未だに飽きない。

きっと私は、バリ舞踊が好きなんだろうな。

レゴン、バロンが見終われ、次はケチャのチェック。

最終は、ジェゴグだ。

総チェックが終わるまで、もうしばらくかかる。

息抜きに、久しぶりに滝の情報を入れることにした。


ウブドでもっとも近い滝景観は、Tegenungan & Blangsingaだ。

その記事は、「Waterfall @Tegenungan & Blangsinga(108)」に書いた。

今回出かけた滝は、バンリ県に入る手前、ギャニアール県ベン村にある。

ベン村の滝へは、ウブドからバイクで30分ほどで行ける。

「Tegenungan & Blangsinga」の滝と、ほぼ同じ時間だ。

1時間30分は時間を要する「tukad cepung 」の滝に比べ、近距離なので手軽に出かけられそう。

バンリ・アプアン村から「和食・影武者」に出勤しているクトゥット君の家を訪れた際に目にした、滝の看板が気になっていた。

影武者スタッフ・クトゥット君は、今年の3月に天上界に召された。

その時の話は、「影武者スタッフ・クトゥット君の訃報 (123)」に残してある。


「影武者」のスタッフ、ダユーさんの嫁ぎ先が、ベン村の近くと聞いている。

義父高僧プダンダの長男と結婚したダユーさんは、バリの儀礼に詳しく、私の辞書的役割を果たしてくれている。

女将・由美さんの信頼も厚く、影武者のスタッフからも頼りにされている姉御だ。


目的地の名称は「Goa Rang Reng」。

Goaは、洞窟のこと。

Goaと名乗っているので、洞窟もあるのだろう。

instagramに、数多くの写真が紹介されている人気スポット。

■入場料:Rp15,000-

沿道から近く、階段も少ない。

休憩スペースも整っていて、ノンビリできそう。

岩場に落ちる水流が、扇のように広がって美しい。

goa-rang-reng3.jpg

「Tegenungan & Blangsinga」のダイナミックな滝に比べて、スケールは小さいが、私的には、豪快な滝よりこんなこぢんまりとした滝が好みだ。

日本庭園のような趣も感じられる。

清流に身を任せたくなる。

私のあとから訪れた欧米人カップルは、水着に着替えていた。

気持ちいいだろうな。

身を横たえて、森林浴。

日光浴もいい。


川上にある洞窟

goa-rang-reng4.jpg


もう一カ所、水に浸かってたどり着く滝があると言われた。

着替えの用意をしていないので、今回はパスした。

次回があるかどうかわからないが、記憶に留めておこう。

滝と洞窟を巡る、3時間ほどのトレッキング・コースが用意されているようだ。


それでは動画をご覧下さい。




posted by ito-san at 16:53| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする