2019年11月21日

タバコの花を初めてみた(331)

72年間生きていても、初めての経験はたくさんある。

ピンクの可憐な花が咲くタバコもそうだ。

Tembakau1-2.JPG


ボロブドゥールのあるマゲラン地域は、タバコの産地。

雨季に入る11月前の数ヶ月、パパイヤ畑にはタバコが栽培される。

タバコ栽培は、収入が良いらしい。

世話になっている「Kopi Mpat」の近くの畑にもタバコはあった。

タバコがどんな植物かも知らないので、気がつかなかったのだ。

気がつけば、どこもかしこもタバコ畑。

草丈は大人の身長ほどの高さになり、先には美しい花が咲く。

Tembakau2-2.JPG


タバコの葉は、下から順に収穫していく。

Tembakau2-4.JPG


収穫した葉は、細かく切って天日で乾燥させる。

Tembakau3-1.JPG

Tembakau3-2.JPG


このあと、タバコ会社に買い上げられていくのでしょうね。






posted by ito-san at 19:33| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする