2019年12月28日

愛猫チビタとのお別れ(336)

この頃、チビタの姿が見えない。

気になってはいるのだが、パチュンの家族に聞く勇気がない。

チビタは、私の愛猫の名前。

「ブンブン・カフェ」の時代からの付き合いだ。

ブンブン・カフェは、1998年から2006年までの8年間、ARMA正面玄関西隣にあった雑貨&カフェ。

ミクシイ(古っ!)とブログを回顧して、年月を確認してみた。

2006年8月、子猫が一匹、交通量の多い道路をヨチヨチと渡ってくる。

脇目もふらずに、一直線で店に入ってきた。

近づくと、足元にまとわりついた。

生後一ヶ月ほどか、目が開いたばかりのメス猫は、人懐っこかった。

一匹だけ捨てられたとは思えないので、迷い子とも考えられる。

飼い主か母猫が、捜しているかもしれない。

あたりを見回してみる。

道を渡って捜してみたが、それらしい姿は見えない。

母猫が捜しにくるかもしれないので、ブンブン・カフェの裏にある作業場に寝床を用意した。

チビタは、ブンブン・カフェの来店者の魂を掴んで人気者になった。

幸いというか、生憎というか、母猫も飼い主と思われる人物も現れない。

その後、私がトゥブサヨ村に引っ越すのを機会に同居することになる。

トゥブサヨ村滞在は、約5年間。

テガランタン村のグスティ・パチュン家に移り住んだのは、2013年から。

chibita4.jpg

chibita.jpg


2014年、私は25年ぶりの日本一時帰国を果たした。

帰国期間の2ヶ月は、パチュンの家族が面倒をみてくれた。

コロンビア移住計画で、パチュン家を引き払うことになった。

2015年02月に、後釜の住人に知人を紹介して旅発った。

チビタの世話は、知人が引き受けてくれた。

5月には、日本トランジット帰国の2ヶ月を経てコロンビアに向かった。

結果6ヶ月で帰って来てしまうのだが。

友人、知人には「帰ってくると思った!」と言われた。

その話は「南米コロンビアの旅」で、お楽しみください。

夢破れ、ウブドに戻って来たがパチュン家には知人が居る。

チビタの世話は、知人に続投してもらうことにした。

S田さんの借家を間借りしながら、テガランタン村を中心に、安下宿捜し。

古くからの知人・セナ家が、低価格で部屋を用意してくれた。

2016年から、セナ家に厄介になる。

チビタの様子を見に、たびたびパチュン家を訪れる。

私を覚えているようで、体をぶつけて甘えてくる。

2017年に知人がパチュン家を出たが、リフォームする必要があるからと借りられなかった。

知人がいなくなってから、チビタは年々、薄汚れて精彩がなくなっていく。

生い先が短いことを告げているように感じる。

早く移り住んで、チビタの面倒をみたい。

しかし私は、2020年4月から中部ジャワのボロブドゥール移住を考えている。

10月の1ヶ月のボロブドゥール滞在を期に、セナ家を出た。


2019年11月から、再びパチュン家に戻る。

チビタは、私の部屋には入って来ようとしない。

出会ってから、すでに13年を過ぎていた。

猫の年齢を斉藤式で計算すると、チビタは82歳の高齢だった。

1週間前、テラスの階段前で見かけてから姿を見ていない。

人前に姿を見せず、死期を迎える猫がいると聞いている。

真偽のほどは定かじゃないが、私はそう信じている。

テラスの前をうろうろしていたのは、別れの挨拶に来ていたのだろうか。

13年間、癒してくれてありがとう。

安らかにお休み。

chibita6.JPG


2013年04月12日:■愛猫「ちびた」(13)
http://itosan-ubud.seesaa.net/article/355051506.html
2013年08月09日:■愛猫ちびた&レーシー(47)
http://itosan-ubud.seesaa.net/article/371566565.html
2014年12月25日:■愛猫 “ちびた” のその後(90)
http://itosan-ubud.seesaa.net/article/411268980.html

■猫の年齢の換算法=斉藤式
生後12ヶ月を人間の20歳とみなし、1〜5歳を成人期とし、猫の年齢に6をかけ15を足した値を人間の歳とみなす。たとえば、猫2歳は、2×6+15=27。
6〜10は、中高年期で、換算式は、猫の年齢×5+20。
11〜15は、高齢期で、猫の年齢×4+30。
16歳以上が老齢期、猫の年齢×3+45。


posted by ito-san at 14:13| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする