2021年09月28日

ロジャー( Pak Roja)家・長男の結婚儀礼!(381)

ロジャー( Pak Roja)家・長男 "Ketut Adi Sumindra君" の結婚儀礼!

1990年5月から1991年4月までの1年間、お世話になったロジャーズホームステイ。

私のウブド長期滞在の原点となったホームステイだ。

居酒屋・影武者の開店を決断した場所でもある。

スマララティのリーダー・アノム氏の屋敷からの帰り、ロジャーズホームステイの前を通った。

どちらも、カジェン通りの住人だ。

ロジャーが屋敷から出てきた。

「息子が、今月(10月)23日に結婚するので出席してくれないか?」と声をかけられた。

30年の時を経て、一つに区切りのようなタイミングで招待されたのだ。

2週間後だった。

「もちろん、出席させていただきます!」と答えた。


高僧プダンダの儀礼が始まる予定の午前10時に、間に合うように出掛けた。

久しぶりにバリ正装に身を包み、眠い目をこすりながらバイクを飛ばす。

バリでは、後継の男児の誕生は、使命の近い願望だ。

男の子が生まれたら丸坊主にすると、村人に約束して、見事な坊主頭になった。

三姉妹のあとに誕生した待望の男児だ。

自宅での結婚儀礼が初となる、ロジャー夫妻の喜びようが手に取るようにわかる。

面影が薄くなってしまった三姉妹は、眠いのもあって気づかず、挨拶もなし。

私がロジャーズを出てから生まれた長男は、初対面である。

ロジャー家族に、幸せが訪れますように願っています!




posted by ito-san at 13:59| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウブドのカフェ&レストランのデザイン的傾向!(380)

ウブドは年々、都市化&近代化してきている。

都市化するということは、生活が便利になること。

時代とともに変化していくことは、自然だろう。

しかし、便利が良いとは限らない。

私にとって都市化は、褒め言葉ではない。

都市化していくことは仕方がないが、没個性になって欲しくない。

世界中の情報が共有できる時代となり、世界中に類似したものが溢れ出す。

どこへ行っても、同じようなデザインの建築が見られるようになる。

「あれっ、ここは東京、それともニューヨーク?」

ご多分に漏れずウブドも、どこかで見たデザインがはびこるようになってきた。

ウブドは観光地。

どこの観光地にいっても同じような街並みが目に入る、そんなつまらない観光地になって欲しくない。

古都・京都とまでは言わないが、一目でウブドとわかるような、ウブドらしい意匠を見つけて欲しいものだ。


黒色のアルミサッシが普及し、多用されるようになったのか。

ウブドでは、5年ほど前から黒枠格子の店が増えた。

昨年(2020年)あたりから、この黒枠格子に加えて、セメン仕上げの店が増えている。

コンクリートの打ちっ放しに似た仕上げだ。

現場打ちコンクリートの上に塗装・タイル・石張りなどの仕上げ工程を省き、型枠を外した直後のむき出しのままの状態の下地的存在をもって仕上げとする。

型枠を止めていたボルトの跡が、デザインの決め手である。

日本で80年代に流行っていた、デザイン手法。

無機質な感じが受けたのだろう。

型枠代は、塗装・タイル・石張りなどの仕上げより嵩むこともある。

バリの場合は、型枠の打ちっ放しではなく、ブロックの上にセメントを塗って仕上げている。

もしかする、グレーを塗っているかもしれない。

なにはともかく、そんな都会的デザインがウブドに溢れ出してきた。

SAVANNA.jpg

twist.jpg

UPTODATE.jpg

race.jpg

NAGI_SUSHI.jpg

Jaens_Spa.jpg



posted by ito-san at 09:15| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする