2020年08月08日

クレープの店・MEALS ON WHEELS(341)

まだまだ、自粛の日々は続いている。

久しぶりに太陽が顔を見せたので、いつもより少し遠回りでウブドに出ることにした。

たまには、息抜きのバイク・ドライブも必要だ。

テガランタン村を北上して、ジュンジュンガン村のT字路からクトゥ村に南下する道を選んだ。

その途中左手に、フォルクスワーゲン(VOLKSWAGEN)・タイプ2(バス)の止まる店を発見。

フード・トラック(キッチン・カー)だ。

ワーゲンはビートルとタイプ2を愛用したことがあり、バスはバニングにして乗りたかった時期もあり、憧れの車種だった。

meals_on_wheels2.jpg

場所は、クトゥ・カジョ村ティルタ・タワール通りの、昔々「ボタニック・ガーデン・ウブド」があった駐車場の跡地。

ボタニック・ガーデンは、2006年6月17日に開園したが、いつの間にか閉業。

極楽通信UBUDのニュースには、「2006年10月12日(晴):ウブド植物園オープン」とある。

内容には、こう書かれてある。

ウブド大通りとティルタ・タワール通り(Jl.Tirta tawar)が交わるT字路から、1.5キロ北上したクトッ・カジョ村に、6月17日、「BOTANIC GARDEN UBUD=ウブド植物園」が開園した。

のんびり散策して1時間ほどの、安全なジャングル・トレッキングといったところだ。

入場料50,000ルピア(ローカル30,000ルピア)。

meals_on_wheels1.jpg

meals_on_wheels9.jpg

恐竜の造形物は、その名残り。

アルミ箔は、新たに装飾されたのだろう。

恐竜がマスクをしてたら、インスタグラム・スポットになるかな。

ジャングル・トレッキングも楽しかった。


ワーゲン・バスも魅力だが、店舗も私の趣味にドンピシャ。

さっそく入ってみた。

店名は「MEALS ON WHEELS」

廉価な予算で開店できたと思われる、オープンスペースの店が。

コロナ対策には適していが、風雨対策には万全ではない。

meals_on_wheels4.jpg

ワーゲン・バスは改造されて、クレープのキッチンになっている。

クレープがメインで、7月18日に開店したようだ。

meals_on_wheels5.jpg

可愛いワゴンが、ジュースコーナー。

メニューにはアイスコーヒーしかなかったが、私はアイスコーヒーを飲まないので、ホットコーヒーを頼んだ。

ホットコーヒーは、ネスカフェでRp30,000-。

料金を考慮すれば、ジュースにすればよかったと後悔。

2人いる女性スタッフの1人が、テガランタン村から来ていて、私の下宿近くの娘だった。

共通の知人がいて、話が盛り上がった。

もうひとりは、少し遠方のパヤンガン村からの娘で、こちらは共通点がみつからなかった。

meals_on_wheels6.jpg

私のウブド滞在年(30年)より年下の彼女たち。

「チャンティック=可愛い!」の一言に、快く写真撮影に応じてくれた。

「インスタグラムにアップしてよ!」と、お願いしてくる。

デリバリーは、テガランタン村の娘が配達するという。

「大変ですね」と言うと「大丈夫です」とガッツポーズをした。

オーナーらしいスペイン人の女性が現れたので、席を立った。

椅子の座り心地が落ち着かないので、永いができない。

ネスカフェは、ほとんど口をつけていない。

インスタントコーヒーは、私の口に合わなかった。

クレームばかり書いてしまったが、開放感には満足している。

次回は、クレープとジュースを注文することにする。

*営業時間:昼12時からよる8時まで。

*定休日:月曜日。

*メニューは、写真で。

meals_on_wheels7.jpg

meals_on_wheels8.jpg



posted by ito-san at 15:38| Comment(2) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

ウブドは今、閑古鳥が鳴いている!(340)

バリ州政府は、7月31日より、国内観光客に対して観光を再開する旨の発表をした。

これで、少しでも観光業が潤えばいいな。

国内観光客にはインドネシア在住の外国人も含まれるが、海外からの観光客は含まれない。

海外からの観光客受け入れは9月からと言われているが、どんなもんでしょう。

まず、日本人の来バリ島は無理でしょうね。

それぞれの村にもバリ州から指示書が配布されているようです。

tegallamtang.jpg


観光地(kanko-chi)ウブドは今、閑古鳥(kanko-dori)が鳴いている。

ウブドは、閑古鳥が啼くゴーストタウン状態です。

自粛が緩んだ今でも、閉店、休業中のシャッターが目立ちます。

見ると心が沈みますよ。

すれ違う人も心なしか、元気がないように見える。

観光客ゼロのバリ島の懐具合は、寂しいと思います。

しかし、バリ人は逞しいのだ。

道端には、弁当や揚げ物などなどの店が、続々と登場。

ネットで、野菜やスイーツなどなどの販売。

roten1.jpg

roten2.jpg

roten3.jpg

roten4.jpg

「なるようにしかならない」と考えるのか、日本人のように悲観感は漂っていない。

時の流れに身をまかせるように生きている。

楽しい会話の中に包み込んで陰にならなければ、落ち込まない(暗くならない)ですむ。

「果報は寝て待て」と言ったところか。

今回の新型コロナウイルス感染症が、「災い転じて福となす」になればいいな。



在デンパサール日本国領事館からのメールを掲載します。

バリ州に入域する際の諸要件に関しては、変更はない。

国内観光客がバリ州に入域する際の諸要件に関する通達(骨子)

1 認定機関が発行したPCR検査陰性証明書、あるいは迅速抗体検査(Rapid検査)陰性証明書の提示。

2 同証明書の有効期限は発行日から14日間。

3 有効な同証明書を提示した観光客は症状がない限り同検査の受検が免除される。

4 同証明書を提示できない観光客はPCR検査、あるいは迅速抗体検査を受検しなければならない。

5 迅速抗体検査結果の陽性者は続いてPCR検査を受検しなければならない。同検査結果が出るまでの間バリ州政府が指定する機関で隔離される。

6 PCR検査結果の陽性者はバリ州に所在する医療機関に入院し看護を受ける。

7 検査費用及び入院等のかかる費用は観光客が負担する。

8 すべての観光客はバリ州に入域する前にLOVEBALI(https://lovebali.baliprov.go.id)にアクセスして同アプリをインストールしておかなければならない。

9 観光客はバリ州に滞在する期間、以下の新時代における生活秩序のプロトコールを実践しなければならない。

a マスクの着用

b 手洗い等の励行

c 他者と1m以上間隔を開ける

d 清潔かつ健やかな生活を営む

e くしゃみや咳をする時にハンカチ等で鼻・口をふさぐ

f 目・鼻・口など顔の表面を直接に手で触らない

g 体温計の携行

h 携帯電話等身の回り品を清潔に保つ

i 新型コロナウイルス感染防止に協力する

j 他者との身体接触を避ける

10 観光客はバリ州に滞在する間、安全確保のためスマートフォンのGPS機能をオンにすること。

11 観光客はバリ州に滞在する間、LOVEBALIアプリを通じて体調不良や問題を通報することができる。

12 観光客は本通達の諸要件に従わなければならない。これに違反した場合は法により処罰される。


こんなに面倒な手続きが必要だけど、旅行する人がいるのかな?

なにはともあれ、経済の活性化は必須でしょう。


posted by ito-san at 15:34| Comment(2) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

SKTT(居住地証明証)・2度目の申請は楽勝!(359)

私のパスポートの延長期限は、今年12月末日。

5年間の延長が終わったので、新規取得のためにシンガポールの出国する必要がある。

新型コロナウイルスの影響で、出国できるのか不明だが、準備をしておくことは大事だ。


今年もビザの申告用に、SKTTを入手しなければいけない。

リタイヤメント・ビザを取得するに、必要な書類のひとつ。

SKTTとは、Persyaratan Surat Keterangan tenpat Tinggal=居住地証明証のこと。

インドネシア人のKTP(Kartu Tanda Penduduk=住民登録証)のようなもの。

3月末、書類を揃えてギャニアールにある市民登録局(Dinas Kependudukan dan Pencatatan Sipil)に出向いた。

あいにく役所は、その日から新型コロナウイルスの影響で業務を停止されていた。

そして、外出自粛にはいった。

提出書類は、11種類ある。

詳しくは、2019年02月24日:■SKTT、四苦八苦の結果入手!(296)http://itosan-ubud.seesaa.net/article/464294839.htmlで。

もっとも手間取るのがドミシリー。

居住地の集落(バンジャール)の長が所有する書類に、長のサインをもらう。

就業しているので、在宅を狙うのが大変。

金銭を請求する悪習が残っている、集落長もいる。

集落によって金額も異なる。

ドミシリーが欲しいのは外国人だからと、法外な金額を請求する集落もあると聞く。

作成しない決まりのある集落もあるようだ。

このあと、集落長のサインの入った書類をウブドの役所に持っていく。

所長のサインをもらうためだ。

所長がオフィスに居れば、ラッキー。

スムーズにことが運べば、2〜3日で出来上がる。

ドミシリー以外にも金銭出費と手間時間がかかるという理由で、SKTTをビザ代行業社にお願いしている人が多い。

どんなテクニックがあるのか、SKTTの手続くを省いてKITAS取得をしている。

私は、入場料金がドメスティック価格になるので、是非SKTTを取得したい。

ボロブドゥール遺跡&プランバナン遺跡の入場料金が、外国人ツーリストは30ドル以上するが、地元価格だとRp4万だ。


4月15日、市民登録局に再度訪問。

ものものしいディスタンス状態になっていた。

インドネシアもやるときはやるのだ!

SKTT1.jpg

SKTT3.jpg

SKTT4.jpg

SKTT5.jpg

なぜか客は、私以外に1組の男女だけだった。

申請用紙を預け、金曜日にできると伝えられた。

金曜日(17日)に行くと、建物の外で熱検査の鉄砲を額に当てられる。

36.5度で、無事通過。

受付に行くと、月曜日(20日)朝9時に変更された。

こういうことは、良くある話で、どうってこともない。

バリ人の信仰するヒンドゥー教の中に、3つの教えがあるそうな。

怒らない(Jangan Marah!)

嫌わない(Jangan Benci!)

逃げない(Jangan Minggat!)

彼らはこれを、小学校から習うと聞いている。

人間関係には、必要なことだ。

だから私も、怒らない。

そして、月曜日。

5分も待たず、手に入れることができた。

SKTT6.jpg

昨年と同じ写真を使用。

現在の私は、白いヤギ髭をたくわえている。

使用できる期間が残り5ヶ月しかないが、とりあえず一安心。


posted by ito-san at 12:55| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする