2013年05月22日

ジャランジャランの2(31)

♪さ〜んぽは、つづく〜よ、ど〜こまでも。

なんて気分で、テガランタン村の外れまで行ってみよう。


まずは、オカちゃんの弟・アノム君が建てたヴィラを紹介。

家族で住むのは、まだ先になりそうなので、取りあえずレンタルするそうです。

全館2棟で年間250万円。別々だと大きい棟が年間150万円、小さい棟が年間100万円ということだ。

金額でおわかりのように、私にはまったく縁のない物件ですが、オカちゃんに頼まれて宣伝することになりました。

希望の方は、私まで連絡ください。

anom-villa1.jpg
anom-villa2.jpg
anom-villa3.jpg


2013年05月08日:■テガランタン村北部(25)で紹介したが、テガランタン村の北隣はジュンジュンガン村だ。

ジュンジュンガン村に入ってすぐ右手に「NOT FOR SELE」の野点看板があることも、その時に紹介した。

素朴な作りの看板に、地元農民の代弁かも、と共感していた。

この日の散歩で「not for sele」の看板が、デジタル文字に変わっていたのを発見。

今回の看板には、お金がかかっているように見える。

アーチスト作とは、薄々気がついていたが、この文字で確定的だ。

アーチストの主張が表面化した時点で、この作品も興ざめである。残念至極!

NOT FOR SELE.jpg


「not for sele」看板の道を隔てた反対側にある、"オーガニック農園" の紹介を前回忘れていたので、改めてここで。

アパ?のウブドnoニュース「2012年10月3日(水曜日/晴):《ハルス・オーガニック・ファーム》」でも紹介した。

「ワルン・ボタッ・マリア」経営のオーガニック・ファームに7年間勤務のソロ出身ハルス君が、丹精こめた野菜たちをお求めください。

トーモロコシ=1キロRp10,000-/トマト=1キロRp10,000-/野菜(レタス・コリアンダー・バジル・ルッコラ)=Rp10,000-。

★営業時間:8.00am〜16.00pm/定休日・日曜
★TEL:081-337-382099/
★オーガニック野菜の作り方のアドバイスもしてくれます。
★配達もOK。

小さい看板で目立たないので、ご注意を。

hars-garden.jpg


今回のジャランジャランはここまで。

posted by ito-san at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | テガランタン村滞在記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック