2014年04月11日

カフェ・チュンパカ “幻” のカレーライス(49)

私の大大大〜好物は、カレーライスだ。

ライスカレーとも言う。

「カレーライスとライスカレーとは違う」と知人は能書くが、私の知ったこっちゃない。

ウブドにカレーをメニューに出しているレストランは多い。

ほとんどが、鶏肉の入った “カリ・アヤム=Kari Ayam” と言う名のインドネシア料理だ。

ココナッツミルクの甘みとスパイスの辛みが絶妙にきいたシャビシャビ・スープ状のカレー。

深皿に入って出て来ます。

インド料理のレストランでは、もちろんインドスタイルのカレーが出る。

どちらも、日本のようにご飯にかけて食べることはない。

カリ・アヤム、インド・カレー、日本のカレー、どれもカレーと呼ばれるが、私は個々の料理だと思っている。

私はカレーと呼ばれる料理なら、なんでも食べれそうなくらい好きだ。

どの店で食べてもハズレがないのは、カレー好きが旨さの許容範囲を広くしているのかもしれない。

カリ・アヤムもインド・カレーも好きだが、やはり私は量感のある日本のカレーが大大大〜好きだ。

スプーンで、ご飯とカレーを均等にすくって口に運ぶ。

この作業を繰り返し、皿の上を奇麗に食べ尽くす。

ご馳走さまでした。


日本風味のカレーがウブドで食べられるようになったのは、1997年のこと。

「カフェ・チュンパカ=Cafe Cempaka」のオープンを待たねばならなかった。

現在「ALAYA」ホテルが建っている最奥にあったレストランだ。

当時「居酒屋・影武者」にカレーライスはなく、私は好物のカレーライスを求めて「Cafe Cempaka」に出掛け2階席で至福の時間を過ごした。

オーナー・みちこさんが時間をかけて作ったカレーは、絶品だった。

「どう美味しかったのか」と問われても困る。

料理について説明は苦手ですので、ゴメンナサイです。

ほかのメニューもおいしかったと思うのだが、私の記憶のほとんどがカレーライスで埋められている。

2階からは、両手を広げた幅いっぱいにライスフィールドが見渡せた。

吹き込む風が、ちょっと強かったのを思いだす。

残念なことに2年弱で閉店。

こうして、みちこさんのカレーライスは、私の中で “幻のカレーライス” となったのである。



Cafe Cempaka.jpg

4月6日(日)、 “幻のカレーライス” を何年ぶりかで食べさせていただく機会を得た。

ニュークニン村にある、みちこさん宅に友人たち総勢9人が集合した。

みじん切りにしたタマネギ9個は姿形もなく、鶏肉もほどよくホツレ煮込まれていた。

2日にかけて数時間、煮込んだと聞く。

「腱鞘炎になってしまう」と言いながら、鍋とニラメッコするみちこさんを想像すると微笑ましい。

みんなの為に頑張ってくれたのだ。

感謝・感謝で、今回も美味しくいただきました。


みちこさんの “幻のカレーライス” はこんな機会でしか食べられないが、私のカレー懐古心を満たしてくれる店がウブドに3店あるので紹介したい。

sovia-kare.jpg

まずは「ワルン・ソフィア」。

ペネスタナン村の “日本料理風居酒屋・ワルン”です。

私は、餃子+大根サラダと共に、具だくさんのソフィア特製ポーク・カレーライスRp35,000-をいただく。(写真)

女将からの要請で:15時から17時はタイムサービス、バッソー(アヤムかイカン)、肉まんか野菜まん、紅茶のセットがRp30,000ぽっきり。TAXもインクルード!! を追加しました。

★場所:チャンプアン橋の西、急な坂を登りつめた突き当たり。

★営業時間:3.00pm〜10.00pm/定休日・日曜日&儀礼祭礼日。

★TEL:0819-1643-7658(日本語可)



kare-ya.jpg

そして「ジャパニーズ・カレーの加哩屋」。

2014年1月にオープンした「カフェ・アンカサ」系列の店。

ローカル客を対象にした値段設定は、長期滞在者にも魅力。

トッピングの種類も豊富だ。

写真はポーク・カツ・カレーRp28,000-(野菜カレーRp16,000〜/揚げ野菜カレーRp18,000〜もあるよ)。

★場所:ウブド・ワルン・リスト:[スグリオ通り]を参照ください。

★営業時間:12.00am〜21.00pm/定休日・月曜日&儀礼祭礼日。

★TEL:0822-3682-8306/

★Email:kare_ya@angkasa-bali.com/



kage-kare.jpg

最後に「日本料理店・影武者」。

「影武者」は、日本の家庭料理でもてなすレストラン。

だからカレーライスもメニューにある。

写真はポーク・カツ・カレーRp50,000-(野菜カレーRp43,000-もあるよ)。

★場所:5月中旬に、現在のプンゴセカン通りからニュークニン村に移転予定。

★営業時間:11.00am〜11.00pm(オーダーストップ10.30pm)/定休日・儀礼祭礼日。

★TEL:0361-973134/


3店3様。

どの店も美味しそうでしょう。

それぞれに店の特徴を出し、顧客に満足してもらうための努力をしている。

さあ今夜は、どの店のカレーライスを食べようか。

posted by ito-san at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村徒然記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック