2014年09月04日

これって聞き上手の秘訣かも(65)

いつもの時間の「日本料理店・影武者」の大テーブル。

いつものように、常連客が集まっている。

「影武者」が、プンゴセカン村からニュークニン村に移転して4ヶ月目になる。

常連客が集まる大テーブルは、新店舗でも健在で活躍している。

kagemusha7.jpg

旧・影武者」の大テーブルでの思い出を一つ。

この日も常連客とたわいもない会話で盛り上がっていた。

そこで “はた” と気づいたことがある。

それは、相手の話に相づちを打っているようでいて、実は、自分の話したいことを話していることが多いのだ。

女性グループの場合は、特に顕著だった。

彼女たちは会話のキャッチボールをしているのではなく、聞き流しておいて自分の話にもっていく。

止めどもなく会話は続いているが、会話が繋がっているようにはみえない。

私が持ち合わせていない話法だ。

これはこれで会話が成り立っているので、ティダアパアパ(問題はない)。

そして「楽しかった!」と言って帰っていく。

男性でも内容がずれることがあるが、女性ほどではない。

kagemusha8.jpg

さて新店舗に移ってからのこと。

2〜3日、ウブドは小雨の降る日が続いている。

「明日、晴れるかな」

友人H氏がつぶやいた。

たいして意味のない質問だろう。

そして、まわりから様々な答えが返ってくる。

「気象庁じゃなんだから、わからないよ」とA氏。

気象庁に問い合わせるほど重要議題じゃないし、この答えはつれないね。

「明日になればわかるから」とB氏。

それはそうだけど、それを言っちゃ会話にならない。

「雨が続いているから、明日もこの時間は降るんじゃないの」

データから判断するタイプのC氏。

これがもっともらしい答えですね。

インドネシア語で「知らない」は「ティダ・タウ」。

私が初期に接したバリ人は、この「ティダ・タウ」をよく使った。

「わかんな〜い、じゃないだろう」

「もう少し考えてから返事せよ!」大声をあげそうになったことが、たびたびあった。

考えようとせず、無関係だと言いたいのだ。

被害を被りそうな時の「ティダ・タウ」は、即答だ。

こんな風に、どう答えるかは、その人の人間性が出る。

ここで考えてみよう。

なぜ友人は「明日、晴れるかな」と聞いたのか?

晴れて欲しいからなのか?

雨になって欲しいからなのか?

会話というのは、相手の意志を汲んで答えるものだと思う。

話の流れで、晴れて欲しいとわかっていれば「晴れると良いね」と答えるのがいいだろう。

相手がどんな答えを望んでいるかがわかるときには、その正解を伝えたい。

kagemusha9.jpg

この機会を借りて一言。

相手の言葉に対して否定する言葉を、私は好きではない。

否定された人が、何らかの痛手を受けるような気がするからだ。

「違う」は相手を傷つける言葉だと思う。

プライドを傷つける、とまでは言わないが、優しさに欠ける言葉だ。

できれば、否定する言葉は使わないほうが良いのでは。

せっかくの楽しい会話を続ける上で必要なことではないだろうか。

他人の発言が、もし自分の考えや知っていることと違っていたとしても、即「違う」と否定しない。

情報も様々、考え方も十人十色。

正解は、一つではないはず。

まず、どうしてその発言をしたのかを考えてみよう。

説明不足かもしれないし、これから、その説明をしようとしているのかもしれない。

言葉の裏側を読み取ることを、心掛けよう。

「違う」と言い切らないで、まずワンクッションをおく。

「なるほど」と肯定してから、それから意見を言うのはどうだろう。

「そうだったかな」「そういう考え方もあるか」のほうが柔らかい。

これって聞き上手の秘訣かも。

楽しくスムーズに進む会話がしたいものです。



今回は、ito-sanらしくない、ちょっと固めの内容でしたね。

たまには、こんなネタもありんすよ。

そうだ、あなたも一度「影武者」の大テーブルに、ご着席ください。

kagemusha10.jpg

※写真:「新・影武者」の大テーブルのある棟
posted by ito-san at 16:04| Comment(5) | TrackBack(0) | ウブド村徒然記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相手の気持ちを酌みながら会話することってほんとうに大事だと思いました。あらためて考え直しました。基本中の基本のように思います。こんにちは や ありがとうのように。
勉強になりました。
Posted by mirumama at 2014年09月07日 20:10
mirumamaさんへ

私は愛知県(名古屋市)の出身ですが。
愛知は、「愛を知る」ことと思っていましたが、近頃は、万物を「愛し」、そして万物「知る」と解釈しています。
ウブドは、物思いにふけるにもってこいの土地ですね。
Posted by ito-san at 2014年09月08日 15:44
あー、耳が痛い。
わかってるんだけど、なかなかなおせない。
でも努力しなきゃ。
Posted by まみ at 2014年09月09日 21:18
まみさんへ

努力するよりは、気にかけることが、大切のような気がします。なんて、偉そうなことを言っている自分が、まず、反省
しなくっちゃ。
Posted by ito-san at 2014年09月10日 19:48
気にかける。。大切に思う。。いいですね〜自分も幸せになれそう。

物思い。。。いいですね〜。。
Posted by mirumama at 2014年09月12日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック