2014年09月11日

バリ人女性の長い黒髪は魅惑的(66)

ウブド人の習慣が少し違ってきたと感じる、今日この頃。

そりゃ〜ウブド滞在が四分の一世紀にもなれば、変わるのも必然かもしれないね。

この頃のバリ人、ヘルメットの扱い方が雑になったように思われる。

「神聖な部分である頭にかぶるヘルメットは、直接、床に置いたりしないように」と、私は教えられた。

正装時のウダン(鉢巻き)と同じ扱いである。

滞在始めてすぐに知り合ったワヤン・カルタ君が、宗教心の篤いバリ人だった。

今でも、テーブルなどの上に置くように心掛けている。

バリ人の日常の仕草が変わりつつある。

上半身裸が普通であった時代を経て、ある時期から外出時に肌を露出する衣類はタブーとされたバリ。

太ももを見せるなんて、もってのほかだ。

それが今では、町中でバリ娘がショートパンツはいて闊歩する姿を見かけるようになった。

褐色の美脚は健康的でよろしいのですが、私的には日本人女性の白いおみ足がお好みですのでゴメンなさい。

男性の短パンもあたりまえ。

私はカルタの言いつけを守って、今でも短パンでの外出はしない。

文化が少しずつ変化している。


バリ人女性の魅力の一つである長い黒髪にも変化が起きている。

変遷を調べてみよう。

と言っても美容については、まったく疎い私のことなので充分な考察はできません。

もっとも不得意の分野だが、気になっている案件なので頑張ってみました。

1990年までウブドに美容院は、モンキーフォレスト通りにある「マリヤ・ビューティ」の一軒だったと記憶している。

当時は、利用する人も少なかったのだろう。

長期滞在の日本人女性の多くは、ビザの書き換えでシンガポールに渡った折りに、美容院に立ち寄っている。

バリ人女性は、長い髪を必ず後ろでまとめる。

まとめていない髪に、悪霊が入り込むと考えられていた。

ボサボサとした長髪を見ると「魔女ランダ」のようだと恐れられたものだ。

婦人たちは、“美源” の白髪染めを使って真っ黒にしていた。

ココナツオイルをたっぷり塗ってツヤツヤだった。

オダランには、既婚の婦人はサングルと呼ばれる付け毛で、未婚の女性はアップにして参拝する。

サングル.jpg

現在でも、小、中、高の女学生は、お下げ髪が校則だ。

お下げ髪を三つ編みにした娘をよく見かける。

いつかは、校則から三つ編が開放される時代が訪れるのでしょう。

オダランは、彼女たちのハレの舞台。

アップにして、気合いを入れてオシャレをする。

学校を離れたら、押しつけ校則から抜け出したい。

お気に入りの彼の前を、気を引こうと行ったり来たり。

お下げ髪1.jpg
お下げ髪2.jpg

ショートヘアーの娘が増え始めた時期があった。

事務系の仕事に就くようになったからだろうか。

公務員や銀行員などに、ショートヘアーの女性が多く見られた。

私が芸能を見はじめた頃は長い髪が普通だったが、事務員と二足のわらじをはく踊り娘も現れた。

ショートヘアーは、付け毛でごまかせる。

しかし、どうしても自前の髪で踊らなければならない舞踊がある。

それはチャロナラン舞踊劇のシシアンだ。

シシアンは魔女ランダの弟子という役どころ。

ある日のオダランで、チャロナラン舞踊劇の奉納があった。

髪を乱して、おどろおどろしく舞う部分でのショートヘアーは不釣り合いだった。

チャロナラン舞踊劇で演じられる時代は古い。

その時代にショートヘアーはなかっただろうし、魔女の弟子がショートヘアーというのは凄みがない。

シシアン.jpg
定期公演:金曜日・サダブダヤより

これまで長い黒髪を後ろで束ねるだけだったバリ娘が、オシャレになった。

テレビの普及、ファッション雑誌などの情報から、流行に敏感になったのだろう。

世界中のどこの国の女性も、オシャレに興味がある。

スーパーやコンビニの開店でシャンプー&リンス&毛染めが手軽に入手できる。

品揃いも豊富になった。

現在ウブドに美容院は、10店舗以上はあるだろう。

20〜30万ルピアもするストレートパーマが流行っている。

この金額は、県が決めた初任給100万ルピアの5分の1に近い。

大金を払ってオシャレをする。

その魅力には勝てないようだ。

女性の心理をまったく理解できない私に、その心理を説明することはできないが。

ストレートパーマのシシアンと美しくウエーブのかかった長髪のシシアンは、いただけない。

観客のバリ娘は、栗毛色メッシュの入った長髪がクバヤの肩を覆っていた。

文化が変化していく。


「すみません、写真を撮らせてください」

こんなテレビコマーシャルがあったような気がする。

アルファ・マート.jpg
プリアタン村にあるコンビニ「アルファ・マート」のレジで働く女性


ブレッド・ライフ.jpg
ウブド大通りにある「ブレッド・ライフ」の前にいた女性

後ろ姿ばかりの写真でゴメン。


※注意書き
誰も知りたくはないと思うが、私の好みは長い黒髪です。
豪華版はアップした髪。
アップにした時の襟足に、むしょうに色香を感じちゃうんですyone。
posted by ito-san at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ウブド村徒然記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
♪泣いているのか 笑っているのか 後ろ姿の素敵なあなた。。付いてゆきたい貴女のあとを 振り向かないで東京の人♪ でしょうか。

このコマーシャル素敵なおねえさん方の長い黒髪に私もあこがれたものでした。
そんな私も今ではアラ環。。長い髪の手入れに四苦八苦しております。心も磨かなければ。。
万物を愛し知ること。でしたね。

Posted by mirumama at 2014年09月12日 21:18
長い黒髪、手入れを怠らないようにしてください。ちなみに私、アップ髪に弱いんです。お会いできるのを楽しみにしています。
Posted by ito-san at 2014年09月13日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック