2014年09月30日

2014年09月30日:スクーピーの洗車は、お任せ(67)

そろそろ、愛しのスクーピーを洗車しなくては。

私が贔屓(ひいき)にしている洗車屋は、タマン村スリウェダリ通りにあるバイク修理屋だ。

パンク修理やバッテリー交換に、この店を利用することも多い。

洗車しなくてはと思っているのだが、条件が揃っていない。

条件と言うのは。

洗車をしてもらっている間に、時間をつぶす場所のことだ。

洗車は、30分ほど待てば終わる。

一台の洗車タイムが約30分。

先客が一台いると、合計1時間の待ち時間というわけだ。

その間私は、斜め前にあるワルンでコピバリを啜りながら待つ。

仲良くしているイブが切盛りしている、地元民専用のワルンだ。

時には、ティパットを注文する。

近年、ツーリスト向けレストランが増えて、スリウェダリ通りは賑やかになった。

ワルンには、近所のレストランで働くスタッフも顔を出す。

私は、ワルンに集う村人を観察したり、スリウェダリ通りを行き交うツーリストをウオッチングする。

こうして見ていると、ウブドが地元民とツーリストの二重構造の町だということがよ〜くわかる。

地元民に埋没する時間が好きで、月に一度は洗車に来る。

洗い終わると、ワルンまで届けてくれるのも嬉しい。

洗車をしなくてはと思いついてから、かれこれ3ヶ月ほどワルンは休業中だ。

イブの具合でも悪いのだろうかと、心配になる。

早急に復活することを期待する。


もうこれ以上待てない。

スクーピーは汚れて、いかにもみすぼらしい。

埋没できるワルンは休業中だが、コーヒーの美味しい「セニマン・カフェ」が目と鼻の先にある。

今日は「セニマン・カフェ」で、ネットをしながら待つことにしよう。

バイク修理屋に立ち寄った。

忙しそうに働いている若ボスに「洗車、おねがいします」と声を掛けた。

返事は、すぐには返ってこなかった。

若ボスは、申し訳なさそうな顔で「ゴメン、洗車やってないんだ」とつぶやいた。

あれ、若ボスは洗車してくれないのかな?

そんな私の心の言葉が通じたのか「スタッフが止めてしまって洗車できないんだ」と、社内事情を説明する。

そう若ボスは、メカニック専門で洗車はしないのだ。

きっと修理に忙しくて、洗車に専念できないのだろう。

出来れば、洗車スタッフ雇ってよね。

じゃないと、イブのワルンに埋没できないから。


しょうがない、ほかを探そう。

洗車屋の数は意外と少ない。

一般市民は、自分で洗うのが普通だろう。

今、誰か「お前も、自分で洗ったらどうだ」と言わなかった?

私もそう思うのですが、居候の身で水道の水を使わせてもらうことに気が引けるのですよ。

と言って、砂が混じった川水で洗う勇気もない。

パチュン家の息子・コマン君にアルバイトで洗車を頼もうかとも思ったが、それもお節介かなと止めた。

洗車とワックスで、15,000ルピア(150円しない)。

月一度なら、私の懐も痛まない。


以前利用したことのある、トゥブサヨ村の洗車屋に行くことにした。

ここはパンク修理の店。

洗車1.jpg

先客が2台あった。

オヤジさんが、1時間半後に来てくれという。

この洗車屋の目の前には、サテ・イカンの「マデ・ロイ」がある。

今日は、サテ・イカンの雰囲気じゃない。

このあたりもしばらく歩いていない。

久しぶりに、ジャランジャランしてみようか。

プリアタン村方面に向かって歩き「マデ・ワルン」に立ち寄った。

ナシチャンプールとテボトルでRp20,000-と、価格が少し上がっていた。

きっちり1時間半後に戻ってくると、スクーピーは別人のように光っていた。

洗車2.jpg
洗車3.jpg
posted by ito-san at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村徒然記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック