2015年09月07日

隣国エクアドルの旅・その弐(81)

08月28日の続きです。

ミグラシオンは、いつも緊張する。

国境のミグラシオンは、江戸時代に通行手形で関所を通過した心境に似ているのかな。

受付窓口に、行列はなかった。

コロンビア人とエクアドル人は、ミグラシオンを通過せずに検問所で身分証明IDカードの提示するだけでパス。

陸路で国境越えの外国人ツーリストも少ない。

出国の手続きは、スムースに進んだ。

今回の課題は、帰りのコロンビア入国だ。

はたして、2日間がプラスされたビザが取得できるか。

「行きはよい良い帰りは怖い」だ。


いよいよ、国境越え。

警備兵も立っていない国境線の橋。

渓谷に架かる黄色い手すりの橋を渡る。

橋の名前は、ルミチャカ橋

同国内の橋を渡っている感じで、緊張感はない。

Frontera.jpg

エクアドルの第一歩。

空気感も変らない。

公用語も、コロンビア同様のスペイン語圏。

ミグラシオンも、呆気なく通過。

乗り合いタクシー(5.30pm→6.00pm)で、7キロ先のエクアドル側の国境の町トゥルカン(Tulcan)へ。

75セント。
米$が通貨の国に突入。

車窓の景観も、大差なく感じる。


トゥルカンのバスターミナルには、キト(Quito)行きのチケットを買う行列ができていた。

旅の目的地は、オタバロ(Otavalo)。

途中下車するチケット3.75US$を購入。

オタバロ到着は夕方を予定していたが、今、すでに夕方。

吹きさらしの待合所。

標高は、エクアドル国内で最も高い2,950m。

さすがに寒い。

7時45分発のキト行きバスに乗る。

オタバロまでは、およそ3時間。


オタバロ着、夜10時40分。

パンアメリカン・ハイウエーで下車。

ガイドブックの未知だったパンアメリカン・ハイウエーが鉛筆で黒く塗りつぶされる。

ライトアップされた教会が見えた。

それが市内であることを教えてくれている。

教会を目印に、歩く。

標高2,500メートル。

やはり寒い。


夜11時を廻った。

急いで、今夜の宿を決めなくてはいけない。

目指した宿の一軒はすでに扉が閉められ、もうひとつは満室だった。

深夜0時ちかくになって宿が「Maria」に決まる。

料金は、一人9US$。

部屋は、清潔だった。

「Maria」
Maria.jpg
翌朝の「Maria」正面

《Maria Hostal》
Tel:2920-672/09795-20085
Mail:elsy1981@hotmail.com
(ホットシャワー・TV・Free WIFI)


重ね着をして、夜食に出る。

広場には、数件の屋台が店を開いていた。

明日は、この広場が有名な土曜市になる。

Plaza de los Ponchos.jpg


ホットシャワーは、温度調節が一定しなくて苦戦したが、冷水を浴びなくてよいのは幸せだ。

まる一日掛けての移動が終わった。

今夜は、グッスリ眠れるぞ。


〜続く〜

posted by ito-san at 05:52| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米コロンビアの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック