2015年11月24日

ビスマ通りとカティランタン村を結ぶ橋(12)

暑い日々が続いている。

土は乾き、道はホコリっぽい。

草木の緑も、心無しか精彩がないように見える。

季節的には、雨季に入ってもいい時期。

11月10日に降ってから、今日まで雨がない。

地域によっては、時間帯節水もある。

今朝2時頃、雨が降り始めたのでいよいよ雨季到来かと期待したが、あっという間に止んでしまった。


暑い昼中、ホテル開発が著しいビスマ通り(Jl.Bisuma)の南端とカティランタン村(Katilantang)北部を結ぶ道路工事の現場を見に行った。

橋を架ける計画があるらしい。

完成予定は、聞いていない。

ビスマ通り側
Jl.Bisuma2.jpg

Jl.Bisuma3.jpg

シンガカルタ村側
Katilantang1.jpg

Katilantang2.jpg

カティランタン村はペネスタナン村の南に位置する村で、シンガカルタ村とニュークニン村に繋がる。

ペネスタナン村からニュークニン村へのウブド散策4時間コースが消えて久しい。

以前、私のトレッキング・コースだったところだ。

ニュークニン村に立派な橋が架かる前は、竹の橋だった。

「サーカス・ブリッジ」と呼ばれ、自転車を担いで渡った。

懐かしく思い出される。


ビスマ通りに行くには、ウブド大通りから入る方法しかない。

Jl.Bisma.jpg

チャンプアン橋を越えるにしても、ウブドの変則十字路を通るにしても、渋滞に巻き込まれることが多い。

この橋が開通すれば、南方から来る車の渋滞は免れるだろう。

あとはモンキーフォレスト通りとビスマ通りを結ぶ車道が開通すれば、モンキーフォレスト通りの渋滞も緩和される。

田園風景は消えていくが、それも観光地としての運命なのだろう。


緑が少なくなった分だけ、暑さが増している気がする。

暑さをやわらげるには、雨が欲しい。

そろそろ雨乞いの儀礼が必要かもしれない。

そんな儀礼があればの話だが。


※付録の動画(ウブドの変則十字路 & チャンプアン橋)です。






posted by ito-san at 17:15| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック