2016年01月21日

アイス・ドリーム @ ウブドらしい店(25)

午後から、おしめり程度の雨が降った。

おかげで、涼しくなったような気がする。

曇り空の中、遠くで雷の鳴る音が聴こえる。

しばらくしたら、このブログをアップしに、ネットのできるカフェに行く予定だ。


“ウブドらしさ” の許容範囲に入れたユニークな店舗第一号を 紹介しよう。

数々オープンしているウブドのジェラート店で、初めて眼を奪われた。

私のデザイン魂を刺激してくれた店。

Gelateria Italia「Ice Dream」。

モンキーフォレスト通りをウブドの変則十字路からに入ると、100メートルほど先でアルジュナ通りとのT字路になる。

場所は、この中間地点の東側にある。

間口4メートル、奥行き5メートルほどの小さな店。

曇りの日ならジェラートを食べる人もいないだろうと、出掛けて行った。

写真を撮るために、お客の少ない時を選んだ(つもり)。

座りたかったカバの椅子に先客がいた。

私の認識不足だった。

ジェラート好きに暑さ寒さは無関係なのだ。

私にしたって、冬でもアイスクリームを食べていた。


ファサードにスダレのように下がったの大量のビーズが人目を引く

IceDream1.jpg


ステンレスの椅子・テーブル

IceDream2.jpg

IceDream3.jpg


カラフルに彩色されたの動物の彫刻の上に、クッションを付けた椅子

IceDream4.jpg


先客に座られた、カバの椅子

IceDream5.jpg


ビーズ珠のシャンデリア

IceDream6.jpg


壁のイラストも可愛かった

IceDream7.jpg


ざ〜とこんな感じのインテリアです。

私に備わっていないセンスの数々に、嫉妬しています。

「ところで、肝心の味はどうなの?」

その質問、味音痴の私には見当外れと言うもんでしょう。

ストリートウオッチングしながら楽しく食べられたので、合格だったのではないでしょうか。


posted by ito-san at 17:30| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック