2016年01月25日

エス・テレールの店「35(ティガ・リマ)」(26)

先週から、雨の降る日が増えている。

時々、大雨。

本格的な雨季に入ったのか。

草木の緑が精彩を取り戻し始め、そよぐ風も肌に心地よい。

暑い日々が続くと、一雨降ってくれるとありがたいのだが、と考える。

雨が降り始めると、今度は、雨が鬱陶しくなる。

人間とは、ワガママない生き物だ。

日中は暑いが、朝晩は冷え込む。

そんな寒暖の差で、風邪を引く人が増えている。

健康だけが取り柄の私は、風邪を引かない。


暑い日は、冷たい物を求めて彷徨う。

スグリオ通りの「ワルン・ソパ=Warung Sopa 」正面にある、「Es Teler Tiga Lima」に行こう。

ここは、ローカルに人気の店。

雑貨屋の店先に出している、かき氷屋。

私のお気に入りの店でもある。

TigaLima1.jpg


道路にはみだして、大勢の客がいる。

ブンクス(持ち帰り)の客が半分ほど。

店先に、長テーブルが一つと椅子が数個。

すぐに満席になってしまう。

私は店先で注文をすませ、雑貨屋の中の椅子に腰を下ろす。

TigaLima2.jpg


店名の「エス・テレール=Es Teler」は、砕いた氷に、アボガドとココナツの白い果実が入る。

ガラスのコップで出て来る。

エスは、氷のこと。

誰かのブログに「テレールは酔うという意味」と書いてあった。

「酔っちゃうくらいくせになる美味しさ、というネーミングらしい」とも説明されていた。

■料金:Rp8,000-

TigaLima3.jpg


砕いた氷に、コンデンスミルクとスライスされた各種果物がガラスの器に盛りつけられて出て来るのが「エス・ブア=Es Buah」。

ブアは、果物のこと。

Rp10,000-

TigaLima4.jpg


この他に、エス・ブアに、寒天とタピオカ、ゼリーとナタデココが加わったエス・チャンプールというかき氷もある。

どれも美味しい。

以前より、氷が清潔になったので、お腹を壊すことも無くなった。

これは、あくまでも私の感想です。

胃の弱い方、疲れが残っている旅行者の方は、控えたほうがよいかもしれません。


posted by ito-san at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック