2016年02月07日

聞き間違え、それとも先入観?(30)

耳が遠くなったのか、この頃、日本語を聞き間違えることが多くなった。

先週は、1周間に2度も。


いつものように、影武者の大テーブル。

なぜか話は、マジック・マッシュルームになっていた。

マジック・マッシュルームは、牛のウンコに生えるので入手は容易。

しかし、バリで売買は刑罰になる。

幻覚関係の話から、流れは、コロンビアでは大麻は容易に手に入ると言う私の経験談となった。

台所が一段落ついたのか、由美さんが大テーブルにやって来た。

由美さんは、椅子に腰を下ろしながら「タイマを持って来るのを忘れた」と一言。

「えっ、大麻!」

私には「大麻」と聞こえていた。

そのあとに「今、煮物を作っているので」と付け加える。

話の流れからと言え、タイマーを大麻と聞き間違えるとは。

これは聞き間違いと言うよりは、先入観だったのかな。


もう一つは。

やはり、マジックマッシュルームの話から。

この日は、男組でNさん&Sさんとご一緒。

Nさんが、近々マジックマッシュルームを所望したいと言い、効用を語った。

Sさんが「そうですよね、コカンが敏感になりますよね」と答えながら、俯いた。

その仕草から「そうか、若者はコカンが反応するんだ」と私は感心した。

私の発言に、Nさんがすかさず「五感ですよ」と訂正する。

Oh〜No!

これは、先入観じゃありません。

完全な聞き間違いです。

やはり、耳が遠くなっていようだ。

誤解を反省しながら、心の中では、こんな歌を唄っていた。

♪静かなコカンの森の影から、もう起きちゃいかがとカッコウが鳴く♪

この歌を口ずさみながら、5年前の「影武者の大テーブル」を思い出していた。


次いでだから、その時の話を掲載しておきます。

居酒屋「影武者」の夜10時30分。

女将Y美さんが、ほっとする時間だ。

いつものように、大テーブルに常連客(A子さん、T子さん、Pさん、Uみさん、私)が集っている。

話題が、昨年末の「カウントダウン仮装大会」になった。

「C姉さんの仮装、キセルを持つと似合うよね」A子さんの発言に、Y美さんが反応した。

Y美さんは「そう言えば “昔” ね」と、話し始めた。

「リピータのNさんが、イリヤン・ジャヤ旅行のお土産を持って来てくれたことがあったの」

(イリヤン・ジャヤは旧称で、現在はパプアと呼ばれる、世界で2番目に大きな島ニューギニアの西半分、インドネシア東端に位置する州)

「これは何をする物ですか?と訊くと、Nさんは『パイプみたいな物だよ』と教えてくれたんです」

Y美さんはそう言って、パイプをふかす真似をした。

「私はその時、それが “コテカ” だということ知らなかったのよ。それも “使い古し” だって」

“使い古し” の “コテカ” を口にくわえたY美さんを想像して、私は苦笑した。

A子さんとT子さんも笑っている。

ここで、それまで静かだったPさんが、話に加わった。

「そうよ〜、今、若い人の間で流行っているのよ」

日本の情報に疎い長期滞在者に、最新ニュースを提供するような口調だった。

「109とかスペイン坂のお店で吊して売ってるよ」

Pさんは、Y美さんと同じ年で、常識のある、いつも落ち着いた雰囲気の女性。

彼女の自信に満ちた発言に、4人が声を揃えてこう訊いた。

「流行ってるんですか? “コテカ” がですか?」

Pさんは、話の流れでキセルかパイプの話だと思っていたようだが、みんなのリアクションに疑問を感じたようだ。

「ところで “コテカ” って何?」と訊いてきた。

それでは、説明します。

“コテカ”は、パプア男性の民族衣装。

バリでいえば、カマン(腰布)の役目。

細長いひょうたんで作られた、裸族パプアのペニスケースのこと。

「えっ、知らなかった〜!」Pさんは絶句し顔を赤らめた。

そして「Uみは、知ってた?」と顔を覗く。

Uみさんは、首を横に振った。

本日の若手であるUみさんも知らないところをみると“コテカ” の認知度は興味の問題で年齢には関係がないようだ。

このあとPさんは、我々の爆笑の間を縫って、ペチカの歌を口ずさんでいた。

♪雪の降る夜は、楽しい“コテカ”♪・・・・・歌声は続く。

“コテカ” 姿で、雪の夜は辛いと思うけど。

天然の入っているPさんを発見した、楽しい夜でした。

ところで、あなたは “コテカ” を知ってましたか?

(この話は、事実のももとづき、一部脚色したものです)

「MIXI:2010年07月12日■コテカって何?」より

下ネタでごめんなさい。


posted by ito-san at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック