2016年06月08日

クダイ・デ・サワ @ ウブドらしい店(63)

ウブド郊外トゥグス村に、ナイスビューのワルンがオープンした。

メニューは Asian & BBQ。

店名「クダイ・デ・サワ=Kedai D'SAWAH」。

意味は、田んぼ(sawah)にある店とでも言うのか。

トゥグス村から「古代遺跡・ゴアガジャ」に向かうゴアガジャ街道の途中、右手にある。

道路からは植木・造園屋の木々に隠れて店舗が見えない。

看板に、ご注意ください。


「クダイ・デ・サワ」には、トゥンクラ村にある「マスク・ミュージアム」への寄り道。

「マスク・ミュージアム」のことは、この次に書く予定でいる。

ウブド中心部(変則十字路)からだと、バイクで10分ほど走ったところにある。

バイクのまま、造園屋の中庭に乗り入れる。

中庭が駐車場になっている。

店舗は、表通りから20メートルほど奥にあった。

ホコリも、ここまでは飛んでこない。

道路を疾走する、車やバイクの騒音も気にならない。

田んぼの見渡せる位置に、ジャワ建築(ジョグロ)のガゼボが数棟建つ。

180度の風景に、ホテルやヴィラの建物が見えない。

これは貴重な風景だ!

期待していなかっただけに、満足度フル。

プンゴセカン村にあった「クブク」を思い起こす。

D'SAWAH1.jpg

D'SAWAH2.jpg

D'SAWAH3.jpg

注文したのはナシゴレン。

飲物はコピバリ。

眼の前には、ロータスの池。

次回は、ロータスの咲く時間を狙って訪れよう。

農夫の働く姿がある。

べべ(あひる)が、田んぼの虫をついばんでいる。

ココカン(白鷺)が滑空していく。

エアコンでは得られない、心地よい風が通り抜ける。

この日、田んぼが田植え前で、時々、腐った匂いも流れてくる。

貴重な風景、このくらいのことでクレームを言っちゃいけない・ゾ。

植木屋の緑に囲まれた憩いの空間で不粋だが、のんびりFree WiFIを利用する。

繋がりも良好で、ストレスが貯まらない。

理想の空間に、理想とする時間が流れる。

絶賛!

褒め過ぎたかな。

D'SAWAH4.jpg

D'SAWAH5.jpg



少しウブド寄りにある「ワルン・ジャンガール・ウラム=Warung Jangar Ulam」と、コンセプトは似ているかもしれない。

どちらも、値段はローカルワルン価格。

ツーリストには嬉しい価格設定だ。


★メニュー:インドネシア料理 & BBQ

★飲物:紅茶Rp5,000-/ジュース各種Rp10,000〜/コーヒーRp15,000-/ビンタンビール大Rp30,000-小Rp20,000-/etc

★食事:ナシゴレン&ミーゴレンRp15,000/BBQRp10,000〜/etc

★営業時間:11.00am〜10.00pm/定休日・年中無休

★Tel:0361-9081067/





posted by ito-san at 16:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック