2016年07月29日

69歳の誕生日を迎えて(78)

7月25日をもちまして、69歳を迎えました。

1年前の68歳の誕生日は、南米コロンビアのサレントで迎えた。

お祝いのメッセージが、フェイスブックで繋がっている友達からたくさん届いた。

遠く離れていても「一人じゃないんだ」という心の支えとなった。

25年間のウブド滞在から脱皮しようと、様々なことを考えてのサレント滞在。

南米コロンビア版「寝床を探す旅」は、思いのほか高揚することがなく、潔く退去することにした。


やっぱりウブドは、居心地がいい。

ウブドに戻った今年も、大勢の仲間からお祝いのメッセージをいただいた。

ついにと言うか、やっとと言うか、69歳。

70歳の区切りを前にして、やり残したことは無いか? と自問する。

来年の誕生日は、3度目のアグン山登頂を目標にしている。

目標に向けて体力作りでもしようかな。

一緒に登ってくれる人、募集しています。

「みんなで登れば、怖くない」


そして、必ず巡ってくる70歳。

残りの人生、どうやって過ごそうか。

どちらにしてもたいしたことはできないが、悔いの残らない一生で終わりたい。

今生は、変貌するウブドを見届けることにした。

それが私の使命のような気がしている。

皆様の暖かい応援を励みに、これからも精進していきたいと考えています。

今後とも、よろしく。


※誕生日の日に行ったプルナモ(Purnama)海岸。

purnama.jpg

3週間前は、午後3時到着で満潮時だった。

潮の満ち引きの時間は、日々変ると聞いて、この日は2時到着にした。

当てずっぽうに出かけた時間は、干潮が始まるところだった。

波高し。

あいにく、流木はゴミ共々姿を消していた。


posted by ito-san at 15:17| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック