2016年12月30日

Waterfall(Air Terjun)@Tibumana(107)

「和食・影武者」のスタッフ、クトゥット君が病気で休んでいると聞いた。

20年前、私が雇い入れたスタッフのひとりだ。

「ウブド・ヴィレッジ・ホテル」で働くお兄さんの紹介で来た。

当時20歳だった彼の第一印象は、突っ張った感じの青年だった。

私は、こういう生意気盛りの男が好きだ。

ウエーターとして、働いてもらった。

5年間の働きぶりを見て、新規開店する「ワルン・ビアビア」を任せたいと思った。

「友人がバリ料理専門の店を出すのだが、奥さんと一緒にやってくれないか?」

クトゥット君の奥さんは、日本人の味覚にあうバリ料理を作る。

「私は、影武者に世話になっているので止めたくない」

これが、彼の返事だった。

義理堅い男だ。

今では、影武者になくてはならない存在。

私をオヤジのように慕ってくれ、気にもかけてくれている。

私にとってもクトゥット君は、家族のひとり。

心配で、バンリの実家に見舞いに行った。

5、6年ぶりの訪問になる。

テラスで友人と話しているクトゥット君がいた。

外見からでは、まったく病人には見えない。

目を赤くして、病状を訴える。

原因不明の病気に、不安顔だった。

私には、病源を推し量ることはできない。

「早急に、確かな病院に行くように」

言葉を掛けて、その場をあとにした。


ウブドへの戻り道、滝を案内する野立て看板を沿道に見た。

3〜4年前から、ツーリストの間で滝巡りが人気だ。

「アパ?情報センター」の下働きとしては、気になるところ。

久しぶりの晴れ間、立ち寄ることにした。


tibumana1.jpg


ここは、バンリ県アプアン村のバングンルマ・カワン集落にあるティブマナの滝。

(Br.Bangunlemah Kawan, Desa Apuan, Kecamtan Susut, Kabupaten Bangli)

ウブドからだと、ギャニアール市に向かう途中、ビテラ(Bitera)の十字路を左折する。

一路、アプアン村に向かって北上する。

左右には、棚田と集落を繰り返す景色。

野立て看板が、右手に見える。

バングンルマ・カワン集落の入口だ。

100メートルほどの集落を抜けると、ティブマナの滝に続く農道に出る。


tibumana2.jpg


農道は、ダラム寺院前で行き止りになった。

ビテラの交差点からここまで、バイクで13分ほど。

ウブドから30〜40分。

ダラム寺院前にバイクを止めて、寺院横の細道を通って奥に進む。

料金所で入場料Rp10,000-を払い、滝に向かう。

5分ほど階段を降りると、ティブマナの滝の降り立った。

水量が少ないのは、晴の日が続いているからだろう。

上りは7分ほど。

たったの7分で、息が切れる。

来年70歳の誕生日(7月25日)に、アグン山に登る計画がある。

ここで私は考えた。

こんな体力では、登頂は無理だろう。

そして、私は決めた。(決断の早いのが私の取り柄)

足腰を鍛えるために、滝巡りをしようと。

こうして、私のバリ島滝巡りが始まる(予定)。

バリ島に、いくつの滝があるのか知らない。

渓谷の多いバリ島のこと、20ヶ所はくだらないだろうと想像できる。

いくつまで踏破できることやら。



 


posted by ito-san at 16:51| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445383483

この記事へのトラックバック