2017年01月27日

白鷺の村・プトゥルゥ・グヌン(114)

行って来ましたプトゥルゥ村。

我が家からだと北上してジュンジュンガン村経由が近い。

看板が、右手にプトゥルゥ村だと案内してくれる。


putulu_kokokan1.jpg


ココカンが生息するのは、バンジャール・プトゥルゥ・グヌン。

バンジャールは、最小単位の村(集落)のこと。

チケット売り場の前に立つ。

入村時に保護費を支払う。

料金は、Rp20,000-(大人)、Rp10,000-(子供)。

チケット売り場に、人が姿がない。

午後2時、ココガンたちは餌を求めて遠くの田んぼに飛び立っているだろう。

ココガンの外出中は、無料なのか?

チケット売り場を素通りして、村道に入る。

どことなく、村全体がかすんで見える。

そして、臭い。

排泄物で、緑のはずの沿道の樹木が灰色化しているのだ。

アスファルトの道路も、灰色&白色のマダラ。

バイクを降りて、樹木を見上げると・・・・・。

枝々に、ココカンが止まっている。

ココカンの群れ。

まさに鈴なりだ。

V型の編隊を組んで飛ぶココカンの姿は美しいバリの風物詩だが、生息地に私の興味が薄い。

ココカン・ウオッチングするために作られた小屋も、今では見るも無惨な廃墟になっている。

ウブド近郊の観光地としての役割は、果たしきれていないようだ。

ひょっとすると村人も、持て余しているのかもしれない。


私は、すこし気持ち悪くなったのを、動画を撮り終えると、ソソクサと村を立ち去った。

バンジャール・プトゥルゥ・グヌンを過ぎると、ココカンはいなくなる。

不思議な現象ではある。






「ウブッド十字路の番人」に載っていた「HOLY WATER」を探してバイクを走らせる。

地図に惑わされたが、なんとか到着。

通りにある集会場の横の細道を入って、1キロメートルほど村道を進んだところ。

ジュンジュンガン村との川境に、目的の湧き水はマンディ(沐浴)場になっていた。

バリ人の沐浴する姿も風物詩(と言っていいのか)。

散歩道のコースにいいななんて、考えている。

マンディ場は、低い壁で囲まれた露天のことが多い。

屋根のある小屋の前に立つと、中央の扉分がオープンになった小屋がある。

覗くと、裸のうしろ姿が目に飛び込んで来た。

女性が椅子に腰を下ろして、身体を洗っている。

イカン! ここは女性専用のマンディ場だ。

入口に、ISTRIの文字が書かれてある。

女性専用という意味だろう。

露天は男性専用で、女性は屋根のある小屋なのだ。

知らずに、裸の女性の姿を見てしまった。

歳のころなら30を少し超えたあたりか。

褐色の肌は健康そうで、一家を支えている力強さを感じだ。

ちょっぴり色気もあった。

申し訳ない、分析するほど魅入ってしまって。

ゴメンナサイ(低頭)。






ウク暦第二週ランドップ(Landep)サニスチャラ(Saniscara=Sabtu) クリウォン(Kliwon)の日に、鳥たちの儀礼が寺院で行われると書いてあった。

今年は、2月4日にあたる。

どんな儀礼をするのか興味がある。

行ってみようかな。


posted by ito-san at 18:29| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック