2017年02月19日

ワインに詳しくない人間は、教養がない(118)

教養とはなんだろう。

ある本を読んで、こんなことを考えさせられた。

ある本とは「食がわかれば世界経済わかる」。

2008年の出版。

早稲田大学の教授が書いている。

全般的には、興味が惹かれる内容で、楽しく読ませて頂いた。

だが、ある部分でひっかかった。

それは、こんな内容だった。


『フランス人はシラク大統領の発言でわかるように、料理やワインについて教養のない人を軽く見るところがあります。

(これは前文にある「食い物のまずい国の人間は信用できない」の発言に由来している)

私もフランス人の友達が来たときは、お金をはたいて、できるだけ高いフランスワインを買ってきて飲ませることにしています。

ボルドーワインで最も高級と言われるシャトー・ペトリュスの古いビンテージものなどを飲ませたりすると、彼らに対しては歴然とした効果があるのです。

欧州復興開発銀行総裁のルミエールという、かつて私が財務官時代にフランス大蔵省次官だった友人がいますが、彼などもフランスの古いワインを出すと大変に喜びます。

食やワインに関する知識は何世紀も前から、ヨーロッパの貴族や王族の教養の一つになっています。

「食」というのは文化の中心ですから、「食」が貧しいということは文化が貧しいということになってしまいます。

シラク大統領ではありませんが、「イギリスだ、アメリカだと威張っているけれども、文化は貧しいではないか」と、いうことになるわけです。

特にフランス人はそうですが、ヨーロッパの人はこちらがワインや料理のことを知っていると、「こいつは教養がある」と思うようです。

食の話というのは向こうの人にとって、基本的教養の一つなのです。

従ってそれは外交上も重要で、外務省が機密費で高価なワインを買うのが良いことかどうかという問題はありますが、現実のはある程度必要なことなのでしょう。』

ワインショップ@ウブド1.jpg
ワインショップ@ウブド


こんな考え方の人がいるんですね。

驚きました。

食が文化だということは、私にもわかる。

しかし、その知識があるから教養があるとは、言い切れないのではないだろうか。

貧しい貧しくないは別として、ハンバーグもフライドチキンも文化のひとつと言える。

文化が貧しいと、教養がないのか?

料理&ワインのことが詳しくなくて、他人から「教養のない奴だ」と思われるとは考えられない。

私は料理にもワインにも興味がない。

「料理が出来ない人間はダメな奴」と言われたことがあるが、私だって味の良し悪しは別として、必要に迫られれば作る。

料理が苦手の母親が、教養のある子供を育てている。

ワインに詳しくなくても、社会人として尊敬を得ているし、教養も兼ね備えている人もいる。

榊原氏の住む環境が特殊なのか、私のような庶民には、当てはまらない話だ。

どこまでの知識を持っていれば、教養ある人なのか。

そんな物差しがあるとは思えないし。


ワインショップ@ウブド2.jpg
ワインショップ@ウブド


ワイン生産者と飲む消費者。

どこまで詳しい人をワイン通というのか?

ワインを飲まない人は、教養がない人なのか。

食については、料理する人、食べる人。

グルメ(食通)と言われる ”食い道楽” は、本当に舌がこえているのか。

私に言わせれば、ただの物知りなオタクだ。

嗜好関しては、好き嫌いに個人差があってもいい。

極論がもしれないが、のどがカラカラなら水も美味しい。

お腹がペコペコなら、何を食べても美味しい。

まさか、生産者や料理人は教養人じゃないということはないでしょう。

ワインはブドウから作るらしいから、生産者は農家だ。

野菜育てに奮闘している私は、消費者の知識より農業生産者の知識に軍配をあげる。

知識の量で人を評価してはいけないので、軍配も上げない方がいいな。

どちらにしても、富裕層を自認している人々の発想だろう。


スーパーマーケット内のワインショップ.jpg
スーパーマーケット内のワインショップ


友人のひとりに、ワイン好きの男性がいる。

興味のない私には判断できないが、かなり詳しいとお見受けする。

その彼は、自慢するでもなく少し恥ずかしそうに蘊蓄を披露してくれる。

楽しく説明を聞くことができるのは、彼の人格の成せる技だ。

あくまでも自分の趣味として、他人に押し付けることなく楽しんでいる。

そんな物知りが近くに住んでいることが、嬉しい。

洋酒、日本酒に詳しい友人もいる。

彼らは、単なる物知りな人で、

ワインのことを知っていると、教養のある人になる。

それでいいのか。


教養は、人格を育てるひとつの要素=知識(データ)である。

手元にある辞書には、『社会人として必要な広い文化的知識、または、それによって養われる品位』とあった。

データは、他人に関心を持たせることはできても、人の役にたつことは少ない。

ワインの能書きを知らなくても生きていける。

知らないひとの方が多いと思う。

そんな人々をすべて教養のない奴と言い切ってよいのか。

そう言い切ってしまう人間のほうに、私は教養を感じない。

もうひとつ辞書には、『単なる知識ではなく、人間がその素質を精神的・全人的に開化、発展させるために学び養われる学問や芸術など』と書かれていた。

ワインに芸術的という表現を使うことがあったとしても、学問や芸術の分野のひとつとは思えない。

「重箱の隅を突つく」ような行為で気が引けるが、ちょっと気になる発言だったので、考えてみた。


posted by ito-san at 23:23| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447162932

この記事へのトラックバック