2017年02月27日

FOOD TRUCK PARK @ UBUD(119)

2月18日、サンギンガン通りのレストラン「インダス」横にて、食の祭典「FOOD TRUCK PARK」が開催された。

コーディネーターは、ウブド大通りにあるレストラン「CASA LUNA」と聞いている。

そう「インダス」は、カサルナの経営。

ライターズ・フェスティバルなど、手広く商売をしている欧米人女性がオーナー。

食べるものには興味がないが、覗いてみた。

私の目的は、イベントのタイトルにもなっているトラック(ワーゲン・バスetc)を改装した移動店舗を見ることだ。

「和食・影武者」で顔見知りになった日本人女性が「フード・トラックをやりたい」と言うのを聞いていたので、頼まれてもいない調査も兼ねている。

30年ほど前に、バニングカー&キャンピングカーを作る作業場を名古屋近郊の長久手町に持っていた。

そんなことから、改造車には思い入れがある。

改造した車やバイクをウブドで見かける。

インドネシアに車検の制度が、あるのかないのか?

きっと曖昧なのだろう。

会場には、数少なかったが、ユニークな改造車が目を楽しませてくれた。

FOODTRUCK1.jpg

FOODTRUCK2.jpg

FOODTRUCK3.jpg

FOODTRUCK4.jpg


地価高騰で店舗の賃貸料も上がってるバリ。

こういった移動店舗のビジネスが増えていくことは考えられる。

空地を利用した軒下商売は、行商と同様にバリ人(インドネシア人)の得意とするところ。

イベントの開催も急増しているので、今後の需要が見込めるだろう。

インドネシア人には、ビジネス・チャンスだ。

VISA(入国査証)の必要な外国人は、簡単には手が出せない。

顔見知りになった日本人女性にも、伝えた。

移動店舗といえども、働くとなるとビジネス・ビザが必要。

そうなるば、会社を立ち上げなければならない。

それは、お金と時間がかかるというわけだ。

でも、彼女はやる気でいる。

もちろん私は、応援する。


今回の「FOOD TRUCK PARK」には、ウブドを中心にバリ南部の有名店が出店していた。

すべて、独立店舗を持っている有名店だった。

ちなみに有名どころは:

uma ubud by como=ウマ ウブド

la pancha mama=ラ パンチャ ママ

honeymoon bakery=ハネムーン ベーカリー

dounuts during=ドーナッツ ダーリン

secret gelato=シークレット ジェラート

seniman coffee=スニマン・カフェ

などなど。

ワイン屋も出てたね。

コーディネーターの力量を感じるイベントでした。

押し寄せるお客は、バリ人、インドネシア人、長期滞在の外国人、ツーリストと様々。

ライブ・ミュージック有りで、午後3時〜11時まで、盛り上がったいた。





posted by ito-san at 14:52| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447402516

この記事へのトラックバック