2017年04月23日

ラクササ(巨大)・バロン ケケ(128)

スバリ村のグスティ君がリーダーを務める、伝統芸能「ジョゲッ・ピンギタン」が、今年の「バリ・アート・フェスティバル」に出場することが決まったらしい。

スバリ村のジョゲッ・ピンギタンとは、27年来の付き合い。

伝統芸能の保存を願う私としては、嬉しい限りだ。

バリ・アート・フェスティバルは、毎年6月中旬の土曜日から7月中旬の土曜日までの一ヶ月間開催される。

今年は39回目。

現地の人に訊ねる時は「ペーカーベー=P・K・B」と言わないと理解してもらえないので、ご注意。

P・K・Bは、「Pesta Kesenian bali=フェスタ・クスニアン・バリ」の短縮語。


P・K・B出場のお披露目と最終審査が18日にギャニアール市で行われるらしい。

私は、グスティ君のインドネシア語をそう理解した。

当日が近くなって、詳しい情報がフェスブックのウブド・コミュニティ(https://www.facebook.com/ubudcommunity)から入手できた。

4月15日から19日まで開催されている「ギャニアール市制記念行事」のパレードに出場することがわかった。

テガララン郡のスバリ村を含んだクリキ地域は、18日に参加する。

パレードの練習は、クリキ村の公道で2度行っている。


ウブド・コミュニティの情報には、ギャニアール市制246年と書かれていた。

これは、246回目という意味でははないだろう。

単純に計算して2017年から246年を引くと1771年。

初回の1771年は、バリ島は、クルンクン王朝から各王国が分離独立して9王国になった時代。

ギャニアールは、その9王国の一つ。

王国時代に、使われた暦はウク暦ウク暦かサコ暦だったろう。

西暦を使って誕生日を祝っていたとは思えない。

歴史を振り返り、ギャニアールの地に王国ができてから西暦で246年を経たという意味と理解しよう。


グループの正装一式が、サポーターの私にも用意された。

そこまでされたら、行列に参加しないわけにはいかないだろう。

ガムラン隊を乗せた台車を押す覚悟はできた。

スバリ村のグループの登場は、午後2時30分。

この時間に間に合えば良いだろうと考えていたが、グスティ君は「正午12時には始まるので、それより前に到着していたほうがいいよ」とアドバイスする。

パレードは、モニュメントのある十字路からスタートして、王宮のある十字路までの大通りを東進する。

道路が閉鎖され、混雑が予想されるので、ウブドを午前11時に出発することにした。

グスティ君もそうだが、バリ人は往々にして自分の村が中心で、他の村のことは興味が薄く全体を把握していないことが多い。

結果は、スケジュールもわからず、ただただ、熱い陽射しの中で、待ちわびることになる。

JKPI_1.jpg


JKPI_2.jpg


11時30分、ギャニアールに到着。

道路は、まだ閉鎖されていない。

大通りの沿道には、ペンジョールが飾られ、大きなゲートが道をまたいで設置されていた。

沿道の立て看板には、JKPI(jaringan kota pusaka indonesia=インドネシア遺産のネットワーク)とある。

人影は疎らだ。

いつ始まるのかまったく予想できない。

バイクを町外れに止める。

下見のための散策。

王宮前の広場では、植木市と民芸品の展示ブースが作られていた。

午後1時を過ぎた辺りから、出演者と思われる衣裳の一団を見かけるようになった。

午後2時を過ぎると、あちこちに小さな人垣ができていた。

知合いのバリ人から声を掛けられ「スタートは4時だよ」と聞いた時は、もう帰ろうと思った。

正装をもらった手前、そうもいかない。

グスティ君の一団を見るまで、もう少し辛抱しよう。

嬉しいことに、行列は市場前を午後3時にスタートした。

しかし行列は、このあと4時間も続くのであった。

沿道は、観衆で埋め尽くされた。

椅子を求めて入ったワルンのイブは「毎年始まるのは3時だよ」と教えてくれた。

「11時30分から来ている」と言うと「午後2時30分に来れば、いいよ」と、断言された。

巨大なバロン・ケケが登場。

全長10メートルほどのラクササ・バロン ケケ(Barong Ketket Raksasa)に度肝を抜かれた。




行列は、王宮のある十字路手前でパフォーマンスが上演する。

この日は、ギャニアールの7つの郡と7つの州から芸能が参加している。

テガララン郡は、最後尾だった。

彼らもこの時間まで、待たされたのだ。

お疲れさま。

このあとワンティラン前のステージでは芸能が上演されるようだが、ギャニアール滞在8時間を経過して私はかなり疲れている。

残念だが、ウブドに戻ることにした。

次回、来るとすれば、スケジュールを熟知したうえで午後2時30分に着くようにしよう。

それとも、パレードはパスして、夜間ステージで上演される芸能を鑑賞しようか。





posted by ito-san at 16:55| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449269633

この記事へのトラックバック