2018年05月12日

術後の経過報告です!(198)

5月5日、日本ではこどもの日。

私は、2週間ぶりの通院の日。

バイク事故から、ちょうど1ヶ月が経過した。

先回の通院の時に、担当の医師から包帯を巻かなくてよいと言われたが、突発的なことが怖くて外出する時には包帯をしている。

今日は担当医に会うので包帯を取って出かけた。

通院は、アパ?のワヤン君が付き添ってくれている。

ワヤン君のバイクを降り、病院に入ろうとして、いつもと違う様子を感じた。

救急処理室、受付、各医師の診療室と待合所が、解体されていたのだ。

うしろからガードマンの声がするので振り返ると、彼方を指差していた。

病院が、新館に移転したようだ。

真新しい病院は以前のような煩雑さはなく、各種窓口カウンターは整然として銀行のロービーのようになっていた。

先回の診察の時、レントゲンを撮ってくるように言われているので、まずはレントゲン室へ向かう。

胸部と右手のレントゲンを撮り終え、会計窓口に行って写真代を支払う。

病院での支払いは、デビットカードを使っている。

使い方も慣れた。

診療室は2階。

広い廊下の両側に、各診療室の扉が見える。

待合室は合同でなく、それぞれの掛かりつけの診療室前のベンチに座って待つ。

以前のように、人々でごった返していなかった。

30分ほど待って、名前が呼ばれた。

診療室は、以前より幾分広かった。

先生から傷の経過報告を受ける。

「まだ、骨が繋がっていないね」

先生は、レントゲン写真を見ながらそう言った。

「若けりゃ、もう大丈夫なんだろうが、あなたは老人だから遅いね」

ショックな言葉だったが、「そうなんだ」と納得した。

手のひらを包み込むようなジェスチャーをしながら「重いものを持たないようにして、リハビリしましょう」と言う。

「6月の2日か3日に、また来てください」

老人だから、用心に用心を重ねてもう1ヶ月様子を見ようということだろう。

今日で通院は最後だと思っていたのに、残念。

検診は、5分で終了。

診察費を支払って、病院をあとにする。

(注:病院で使われる言葉を知らないので、間違っていたらお許しください)


擦り傷のカサブタも取れ、手の甲の手術跡も外見的には完治しているように見える。

しかし、まだ痛さは残っている。

何もしない1ヶ月が過ぎ、身体と精神がそろそろ何かをしたがっている。

あと2週間くらいしたら、バイクを乗ろうかなとも、考えている。

2人乗りは無理だが、ゆっくり走れば心配ないだろう。

バイクが乗れるようになるまで、少し歩くことにしよう。

5月7日、「和食・影武者」まで、行くことにした。

小遣い稼ぎに置かせてもらっているココナッツ・オイルが、日曜日に行った時、残り少なくなっていたので届けたい。

まずはサレン王宮まで歩く。

怪我をした右手が、車やバイクに接触するのが怖くて右側を通行する。

包帯を巻いた右手をかばいながら歩く。

30分くらいで行けるだろうと思っていたら、40分もかかった。

これは年齢のせいだろう。

ウブド大通りサレン王宮前で、循環バス待ち。



バス停からウブド大通りを撮った動画。

15分間隔で走っているはずのバスだが、30分待たされた。

循環バスに乗って猿の森(モンキーフォレスト)の駐車場まで。

駐車場から、猿の森の脇道を通って影武者まで30分。

影武者で、昼食にカレーライスをいただく。

ネットを1時間ほどして、影武者をあとにした。

帰りは、来た時と逆のルート。

トータル5時間の散歩だった。

右手をどこかでぶつけることもなく、無事帰宅できた。

久しぶりに歩いたので、少々筋肉痛。

バイクを乗る予定の20日まで、まだ日にちがある。

あと2〜3度は、ウブドに歩くことにしよう。



posted by ito-san at 14:43| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: