2018年06月21日

カードの紛失届を出してください(205)

この3日間、ウブドは大雨が降り続いている。

バイクで、この雨の中を走るのは、勇気がいる。

しかし、今日21日は、走るしかない。

行ってきましたよ、豪雨の中、銀行へ。

連休明けの今日は、人が大勢押しかけているだろうな。

予想した通り、待合ロビーは人で埋め尽くされていた。

私は、警備員を見つけて、声を掛けた。

1週間前、プンゴセカン村のガソリンスタンド内のATMで、カードが入ったまま戻ってこなくなったことを告げた。

警備員の男性は、笑顔を絶やさずに、私の訴えを聞いてくれた。

そして、こう言った「カードは、デンパサールの本店にいっているかもしれないね」。

だって。

14日に対応してくれた警備員は、この銀行に戻ってきているから、ここに取りに来るようにと言ってくれた。

だからこうして来ているのだ。

デンパサールの本店にあるとしたら、本店からこちらに持ってくるのが、親切というものだろう。

私は、デンパサールまで行く気はない。

それを察したのか、次の言葉は、「警察に行って、紛失届を出してください」だった。

ウブドの警察署は、当銀行の目と鼻の先にある。

遠くはないが、この雨を中を行くのは気が進まない。

それに、私はカードを紛失した覚えはない。

私のカードは、ATMが飲み込んだまま、出してくれないのだ。

これは銀行の落ち度ではないのか。

どうして、私が警察に行って紛失届を出さなくてはいけないのか?

その説明にも「警察に紛失届を出してください。それを持って銀行に来てください」と優しく諭す。

落ち度がない私が、どうして、そんな面倒なことをしなくてはならないのだ。

私は面倒なことを省きたいので、今のカードを捨てて新たに作り直すことはできないのか?と提案した。

警備員は「ティダ・アパ・アパ」と答えた。

出ました、バリ人がよく使う、日本語で言うところの「問題ない」。

「ピン(暗証番号)があるから、問題ありません」

あなたは問題ないかもしれないが、私には問題大有りなんだけど。

本当に、こんなことでいいのか。

日本では、こんな場合、どんな対応をしているのだろうか。

ロビーのお客は、一向に減ってはいない。

今から、カードの申請をしていては、何時間かかるかわからない。

今日のところは帰って、来週、新たに出直すことにする。

そろそろ家賃を払いたい。

手元に、カードがないのは心細いが、仕方がない。

素直に、銀行がカードを再発行してくれるかも心配だ。

もうしばらくの辛抱だ。

まだまだ続くのか、ATM物語。



posted by ito-san at 18:51| Comment(1) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
それは災難でしたね。
私のBCAでの経験だと、銀行の窓口で5分から10分程度で即日のカード再発行が出来ます。
その際、パスポートが必要となります。
では、また。
Posted by 中村 保(OGの友人) at 2018年06月22日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: