2019年01月24日

エアメールでお礼の言葉を(292)

エアメール(AIR MAIL)って、懐かしい言葉ですよね。

私の子供の時代は、家族に、もちろん私にも、海外に知り合いがいないので、航空郵便にはまったく縁がなかった。

いつの頃からか、E-mal(Electronic mail)に取って変わられ、久しく使わなくなった言葉。

E-malが普及したおかげで、不揃いの字を書く私は、恥をかかなくてすんでいる。

「ウブド・本の交換会」に、本を送っていただいたリピーターの方にお礼の手紙を出さなくては。

と思って、連絡先を調べてみると・・・・・。

E-malもフェイスブックにも繋がっていなかった。

そんなわけで、お礼のエアメールを出すことになった。

バリから絵葉書で手紙を出したことはあるが、封書での手紙は何年ぶりだろう。

思い出せないほどの昔だ。

20歳のころの節約旅行では、最初の3ヶ月は世界の各地から日本の両親にエアメールを送った。

そのあとの一年間は、便りをしなかった。

親からすれば「なしのつぶて」「音信不通」状態。

きっとあの時以来、手紙を書いていないかもしれない。

AIR MAIL.jpg

封筒も便箋も持っていない。

どこで売っているかも、わからない。

ウブド郵便局に併設していたコンビニで売っていたような記憶があるが、現在、改装中で店がない。

便箋は、手持ちのコピー用紙でいいだろう。

よく行く文房具店に、エアメールの封筒は置いていなかった。

コンビニを数件廻ったが、こちらにもなかった。

普通の封筒に、エアメールと赤文字で記せばいいのは知っている。

しかしそれでは、お礼の手紙としてははやるせない。

縁に赤・青の縞模様が入り、PAR AVION・AIR MAIL・CORREO AEREOと書かれた封筒がベストだ。

スーパーマーケットのデルタ・デワタで売っていた。

一枚しか使わないのに、ひと束買うのももったいないが、やむを得ない。

ワンセット10枚をRp10,000-で購入。

「郵便局でひとつでもわけてくれるよ」と、教えてくれた知人がいたがすでに遅かった。

知人は、いつも持ち歩いているらしい。

「うちのスタッフは無くしてしまうので、給料袋は目立つエアメールで渡している」と言う。

E-malが普及していない頃、郵便局止めの届く手紙を受け取りに行くのを楽しみにしていた友人がいた。

郵便物は、3ヶ月ほど局に保存されたあと処分される。

このシステムは、現在どうなっているのだろう。


手紙の最後に「乱筆乱文にて失礼いたします」と謙遜の意味で書く言葉がある。

私の文集は、支離滅裂で理解に苦しむだろうな。

文字は、読みに難い、ただの下手くそ。

さぞかし、解読不能な手紙だったと思う。

なのに、手紙の最後に「乱筆乱文にて失礼いたします」と記していた。

恥ずかしい話、謙遜して使う言葉を堂々と書いていたのだ。

それに気がついてからは、その言葉を使っていない。

人前で話をするより、手紙の方が苦手だ。

手紙は、残ってしまうのも嫌だ。

今では、シャベリも動画で撮ると録音されてしまう。

赤面ものだ。


お礼の手紙は、前略も時候の挨拶もなしに、いきなり本題に入る。

本題だけだと、要件は三行で終わってしまう。

ナニヤカンヤを継ぎ足して、やっと5行の手紙が完成した。

どんなけ苦手なんだ、と思うでしょう?

だからブログは、凄く努力しているんですよ。

「それでも、この程度かい!」そんな声が聞こえてた気がするのは空耳か。

重要なのは、気持ちですよね。

書き終えたエアメールは、郵便局のカウンターに持って行った。

これで一件落着。


posted by ito-san at 17:13| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: