2020年07月24日

バリの風物詩・凧あげ(Layang-layang terbang)(358)

会う人会う人が、暗い話ばかりする。

それは、新型コロナウイルスに対する憶測。

それも、本人に都合のよい推測でしかない。

できることなら、明るいニュースが聞きたい。

不況を吹き飛ばす、前向きな情報はないのか。


吹き飛ばすと言えば、凧ですよね。

かなり無理のある、こじつけですが。

この季節、バリは凧揚げのシーズンです。

毎年7月、8月、9月は、オーストラリア方面から吹く風が凧揚げに最適で、青空に凧が飛び交う。

バリの風物詩ともいえる。

サヌール海岸の「大凧大会」は、海外からの参加もあり有名ですが、ほかの地域でも開催されている。

大凧は、トラックの荷台からはみ出すほどの大きさ。

トラックの前後には、応援隊のバイクがガードしていて、他の車両を寄せ付けない。

そんなことで、この時期は、凧渋滞となる。

今年は、コロナの影響で中止になったようだ。

しかし、こんなことでバリ人はメゲません。

青空に浮かぶ凧は、いつもの年より多い。


プリアタンにある「凧資材屋」が大繁盛。

竹、ラタン、生地、テグスetcなどが売られている。

通りのあちらこちらにも、にわか「凧屋」がオープン。

これって自粛景気?

凧Rp10万etc、骨組みRp3,5etc。

layang-layang1.jpg


我が下宿の家族も、凧揚げが大好きだ。

コマン君が幾つも作っている。

layang-layang5.jpg

揚げているところを撮影させてもらった。

遠くを見て、風を読んでいる。

大きな樹の先の揺れを見ている。

30分以上も待つこともある。

糸を引くタイミングも難しそうだ。

毎回、風に乗り切るまで、ハラハラして見ている。

上げ終わり凧が安定すると、テグスをどこかにくくりつけ、その場を後にする。

いったい何も楽しんでいるのだろう。

パチュン君に聞いてみた。

「上がった凧を見るのが楽しんですよ」と言う。

凧揚げは、大人の遊びのようです。



凧を風にのせるタイミングの緊張感を共有してください。


星の瞬きが多い夜だ。

他の惑星に来たような、錯覚をする。

こんな美しい星空を見るのは、初めてだ。

自粛で、空気が綺麗になったのか。

それとも、私が覚醒してしまっているのか。

バイクを止め、目を凝らして夜空を見上げる。

瞬きが、微かに揺れている。

さらに目を凝らして見ると、ドローンのように浮遊する光がある。

ここで、気がついた。

これは凧だ!

凧に、点滅電球がついているのだ。

今年のブームは、電飾凧か。

バリ人の遊び心に、感心するやらウットリするやら。


こんな凧にも、バリの風物詩だと悠長なことを言ってられない事故がある。

失速して落下した凧は、見つけられない場合は放置される。

樹木や電線に引っ引っ掛かって、ゴミと化した凧。

問題は、透明なテグス糸だ。

電線や枝に掛かったテグスは、バイクや歩行者を危険にさらす。

規制が必要になるかもしれない。


私が下働している「アパ?情報センター」では、来年の今頃、コロナが終息していることを願って新企画を立てたようです。

《 親子で凧揚げ!・ツアー 》

期間は、2021年7月、8月、9月。

無風、雨の日は、中止です。

鬼が笑う来年のことですが、予約受付中。


posted by ito-san at 16:11| Comment(5) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは😃 
日本は長梅雨で今日は久し振りの晴れ☀️です。
バリもコロナのニューノーマルで何だか大変そうですね😢⤵️⤵️ 日本もTVで毎日不安を煽るコロナ情報でどこまで信じていいのやら❗って感じです。

出来たらお聞きしたいのですが、今はバリ人の方々ウブドの人々はコロナ関係でどういうお話というか噂をされているのか、とても気になっているので教えていただけると嬉しいです。心配なんですよね。。どんな「暗い話」をされているのでしょうか?差し支えない範囲で知りたいです。。ウブドにも自粛警察マスク警察がいる、、ようですよね。お暇なとき宜しくお願いいたします。
自然に囲まれて暮らすバリ人の弾けるあの笑顔がマスクで隠されてるなんて何か、、ほんとにつらいです。
Posted by 心の友達バリ at 2020年07月26日 10:27
心の友達バリさんへ

コメントありがとうございます。
暗い話は、情報に敏感な日本人関係だけです。
バリ人は、日本人のように悲観的じゃなく、いたって楽観的で、「なるようにしかならない」と考えているかのようです。
そんな彼らを見て、私も時の流れに身をまかせるように生きています。
そんな話もブログに書けたらいいなと思っています。
引き続き、講読いただけたらうれしいです。
Posted by itosanubud at 2020年07月26日 11:34
お返事ありがとうございます❗なるほど(;^o^)〜
流石バリ人ですね、納得。。
コロナワクチンだけはお断りするほうが良さそうですが、私もバリ人のあのお気楽感を思い出してゆった〜り暮らす事を心がけます❤️
ぜひそのitoさんからご覧になったバリ人の様子の記事を楽しみにしたいと思います✨
凧揚げは厄払いの意味もあると以前聞いた気がしました。そういう想いはバリの人々にもあるのだろうって思います。
Posted by 心の友達バリ at 2020年07月26日 16:57
伊藤さんも武者絵を書いて販売すればお小遣い稼ぎになるのでは?
Posted by カトウシゲユキ at 2020年07月27日 17:56
カトちゃんへ

コメント、ありがとう。
絵が描ければね。努力はしてるんですが、人様に買っていただけるほどの代物にならないのですよ。
Posted by itosanubud at 2020年07月28日 11:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: