2021年09月28日

ロジャー( Pak Roja)家・長男の結婚儀礼!(381)

ロジャー( Pak Roja)家・長男 "Ketut Adi Sumindra君" の結婚儀礼!

1990年5月から1991年4月までの1年間、お世話になったロジャーズホームステイ。

私のウブド長期滞在の原点となったホームステイだ。

居酒屋・影武者の開店を決断した場所でもある。

スマララティのリーダー・アノム氏の屋敷からの帰り、ロジャーズホームステイの前を通った。

どちらも、カジェン通りの住人だ。

ロジャーが屋敷から出てきた。

「息子が、今月(10月)23日に結婚するので出席してくれないか?」と声をかけられた。

30年の時を経て、一つに区切りのようなタイミングで招待されたのだ。

2週間後だった。

「もちろん、出席させていただきます!」と答えた。


高僧プダンダの儀礼が始まる予定の午前10時に、間に合うように出掛けた。

久しぶりにバリ正装に身を包み、眠い目をこすりながらバイクを飛ばす。

バリでは、後継の男児の誕生は、使命の近い願望だ。

男の子が生まれたら丸坊主にすると、村人に約束して、見事な坊主頭になった。

三姉妹のあとに誕生した待望の男児だ。

自宅での結婚儀礼が初となる、ロジャー夫妻の喜びようが手に取るようにわかる。

面影が薄くなってしまった三姉妹は、眠いのもあって気づかず、挨拶もなし。

私がロジャーズを出てから生まれた長男は、初対面である。

ロジャー家族に、幸せが訪れますように願っています!




posted by ito-san at 13:59| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: