2021年10月02日

ジェゴグ・スアールアグン @ オンライン・ライブ終了!(382)

ジェゴグ・スアールアグンを応援しよう。
https://www.facebook.com/groups/809184189782210/

ジェゴグ発祥の地ヌガラ・サンカルアグン村のスウェントラ氏宅で、有料オンラインライブを開催。

収益金を全額寄付とする企画でした。

特に日本人向けに支援をお願いしたイベントとなりました。

スアールアグン歌舞団が衰退しないことを願う、多くのスアールアグン・ファンから支援をいただきました。


計画の立案は、6月のこと。

「スマララティを応援しよう!」の第1回有料オンライン・ライブが終了した後だった。
https://www.facebook.com/groups/136520508397106

スウェントラ氏亡き後は、長男のグデ・オカ氏が後を継ぐことになっていた。

しかし、グデ・オカ氏は現在、アメリカ・サンフランシスコに在住。

現地で、ジェゴグをメインにしてバリ芸能の普及に励んでいる。

グデ・オカ氏に連絡がついたものの、インターネットでのコミュニケションは、思うように進まず、思案した。

紆余曲折の末、承認していただいたのが8月。

バリでのコーディネイトは、サヌールに住む長女のマハ・デウィさんが動いてくれることになった。

こうして、具体的に動き始めた。

チケット等の金額が決まる。
◎動画視聴チケット:2,000円
◎御心づけ:1,500円
◎ガムランの保存費:1,000円
◎サンカールアグン村にスンバコの配布:1,000円


9月5日(日曜日)、会場の下見とガムランメンバーとの打ち合わせのために現地に出向いた。

スウェントラ氏の火葬儀礼(2018年5月16日)以来のヌガラだ。

2018年5月10日逝去・享年69歳。

主の居なくなった屋敷は、どことなく寂しげな風情だった。

イベントの趣旨と本番のタイムスケジューを伝えて、帰路につく。


9月19日は練習日。

ジェゴグを聴くのは、「APA?情報センター」が定期公演しなくなって以来だから、もう10数年以上も前のことになる。

掲載の動画は、その時の模様だ。


9月24日は、本番を設定してのリハーサルの予定でだったが、あいにくの雨で、屋根のある楽器置き場での練習となった。






9月26日、ライブ本番。

初めから終わりまで、雨を心配した。

にわかに曇り、あわやと思った場面があった。

コロナの蔓延で公演から遠のいていたグループのメンバーは、久しぶりに楽しく演奏ができて満足していたようだ。

公演が無事終了したことを、この場を借りて皆様にお伝えしておきます。

大役を果たしたと実感をしています。

関わった方、すべてに感謝!

公演終了後の集合写真です。
jegog1.jpg
jegog2.jpg
ヒデさん&ワヤン君も加わって。
私も左端に加わったのですが、残念なことに、入りきれていません。


ライブ配信動画はチケット販売の有料のため、配信を控えることにしました。

ということで、練習風景の動画をアップさせていただきました。




posted by ito-san at 23:58| Comment(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: