2022年09月23日

新企画「ミー・ゴレン食事風景レポ!」@〜B(456)

無性に、焼きそばが食べたくなった。

嬉しいことに、インドネシアにはミー(麺)ゴレン(炒める)と呼ばれる、料理がある。

ケチャップ味のミーゴレンもあれば、しょうゆ味の限りなく日本の焼きそばに近いものもある。

しばらく、私好みの焼きそばを求めて、彷徨ってみたいと思う。

好みが何なのかもわかっていないので、美味しいと感じる味探し。

こうして、ミーゴレンを食べ歩く「ミー・ゴレン食事風景レポ!」の新企画ができた。


◆第一弾!「ミー・クイ=Mie Kuy Noodle & Snacksの店」

初回は、トゥブサヨ・スクマ通りにある「Mie Kuy」です。

mie kuy.jpg

スクマ通りを南下して右手、スグリオ通りに抜けるジャヤユ通りの角から手前二軒目の屋敷入り口にある。

屋敷前には、スパの看板がある。

ミーゴレン・オリジナル(Rp19,000-)を注文。

食レポはできません。

私の表情で、味の方は察してください。

BGMは、グス・テジョ氏のスリン演奏とちょっと雑音。




◆第二弾!「ディアン・Restaurant Dian」

第一弾のフェイスブック投稿記事から、ミーゴレンの推薦店情報が入った。

モンキーフォレスト通りは、旧「和るん・あんかさ」の近くにある「ディアン」。

dian1.jpg

dian2.jpg

味は、辛くなかったので、スムーズに完食。

美味しかった!

残念ながら、夕方で店内が暗かったため、動画をあきらめました。

価格も調べていない!(反省点)


◆第三弾!「ワルンミナ・Warung Mina」

こちらは友人から、ミーゴレンのオススメの店。

mina.jpg

ウブド東端アンドン交差点を「ホテル・マヤ・ウブド」方面に北上して、30メートルほど進んだ左側にあるレストラン。

右側には人気ワルン「マンガ・マドゥー」がある。

緑豊富な庭に配置された東屋での食事は、食も会話も弾むこと請け合い。

魚料理の店として認識していたが、情報提供者の言葉どうり、ミー・ゴレンは美味しかった!

日本の醤油風味の焼きそばに満足。

メニューには、ミーゴレン・アヤム(Rp33,000-)とミーゴレン・シーフード(Rp37,000-)がありました。




さて、次はどこへ行こう。

皆様からの情報を、お待ちしています。



応援・プチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村


posted by ito-san at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック