2022年10月20日

Tadashi Toriimonbuuさんのユーチュブに、お招きいただいた時の動画(463)

もう、一年以上も前の話になる。

ウブド在住の鳥居正さんのYouTubeに、2度、出演させてもらった。

一つは、バリの舞踊について。

もう一つは、ジェゴグについての話をした。

どちらも、コロナ禍で公演のできないバリのガムラングループのオンライン・ライブの予告をした。

日本のファンに向けて有料で応援するという企画に、鳥居さんが賛同してくれての招待。

おかげさまで、どちらも好評に終わった。


鳥居さんのメインチャンネルは
https://www.youtube.com/c/monbuu011/videos

こんな挨拶文が載っていたので、掲載させていただいた。

2008年に日本からバリ島に移住してきたとりいただしです。

このチャンネルは、私の住むウブドを中心にバリ島のグルメ、観光スポット、ホテルなどの最新情報や私の経験に基づく海外旅行情報などをお届けしています。

また、バリ島を飛び出しジャカルタやソロなどインドネシア国内、さらにはシンガポール、タイといった東南アジアの国々の旅行記などもアップできたらと考えています。


もうひとつチャンネルがあって、こちらはタイトル「バリ島移住物語」。
https://www.youtube.com/c/umaumabali

この動画は、バリ島に移住したい、住んでみたいという人向けに、鳥居さんが実体験に基づき、ビザや仕事、生活などについての移住情報をご紹介しています。


さっそく、私が出演した動画を見ていただきましょう。

その1:2021年4月13日

タイトル:【ファン必見!】ウブドの重鎮伊藤さんを迎えウブドの伝統舞踊について語ってもらいました。

サブタイトル:ウブドの重鎮・伊藤さんとのコラボ動画です。

今回はウブドの伝統舞踊の歴史や舞踊の概要そして5月のスマララティ舞踊団オンライン公演について語ってもらいました



数々のコメントがあったので、一部抜粋して紹介させていただきます。

O・Kさん
こんばんわ!改めてすごく勉強になりました。
バリの伝統舞踊は全て好きですが、特にレゴンダンスは見てて全然飽きません。
ガムランの響きもすごく好きです。
バリは色んな意味でDeepですね。

S・Sさん
バリ舞踊&舞踏大好き、とっても楽しかった。
こんな意味があったのですね、もっといっぱい昔のバリのことお聞きしたいです
コラボパートUもお願いしたいです。

Pさん
コロナ少し前にスマララティのスピリット・オブ・バリを観に行きましたがアノムさんのバリスはよかったです。
ただ、7年ほど前に比べると観客の数がずいぶん少なくなってしまっていました。
オンライン公演きっかけにまたにぎやかになってほしいものです。


その2:2021年9月7日

タイトル:「ウブドの重鎮・伊藤さんに聞いてみた」です。

サブタイトル:巨大な竹筒を使った民族楽器ジェゴグ(JEGOG)。

その重低音やあふれ出る音の洪水は、魂を揺さぶる。

巨大竹筒ガムラン・ジェゴグ(JEGOG)の魅力についてウブドの重鎮・伊藤さんに聞いてみた。



こちらも数々のコメントがあったので、抜粋して紹介させていただきました。

K・Oさん
大好きなガムランはバリで何度も見ましたが、ジェゴグはまだ生で見たことがなく、以前スウェントラさんのジェゴグ(対決)をテレビで見た事があるくらいでした。竹の選び方によって、出る音が違いますが、本当に癒しの音色なので、大好きです。
勉強になりました。
ありがとうございます!

E・Pさん
今回も、知らないことがたくさんあってとても勉強になりました!
戦前に、ジェゴグにこのような受難の時期があったとは!!
ますます、今、聴くことのできるジェゴグの音、感慨深くなります
9月26日のライブ配信のチケット購入しましたよ!!

S・Sさん
ジェゴク嬉しいです。私は2度行けなかったですー!!(10人集まらなかった(´;ω;`)ウッ…)
是非、聞かせていただきたいです。
ありがとうございました。

以上、鳥居さんのYouTubeを利用させていただいて、ブログを一編仕上げたというお粗末でした。


*ウブドに絞り込んだ、ものすご〜くマニアックなYouTubeをやっています。
「いいね」ボタンを押してくださると、非常に励みになります。
YouTube伊藤博史の生涯旅人「バリ島ウブドに沈没」
https://www.youtube.com/@bali75

応援・プチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
posted by ito-san at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ウブド村帰郷記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック